私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



お笑いタッグマッチ (1959)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、落語家がお笑い担当として縦横無尽に活躍した始まりの、この番組です。




ラッパを吹く落語家・春風亭柳昇の奏でる奇妙なトロンボーンで始まった、
テレビ黎明期の大人気お笑い番組。
その出演者は、みな落語家。
昭和も三十年代までは、面白い人=落語家だったものです。
その柳昇をレフェリーとして中央に配した座席列には、
赤コーナー白コーナー、それぞれ三名の落語家が鎮座し、
他に柳昇の両隣には、応援団と称したゲストが、それぞれ一名ずつ座るという布陣。
赤コーナーは、馬の助、柳好、小せん、
白コーナーは、夢楽、伸治、小円馬という面々。
彼らが与えられた議題を元に、侃々諤々の討論を繰り広げるというもの。

勿論「お笑い」ですから、その内容は非常に馬鹿馬鹿しいもので、
加えて、いかに討論が白熱しても、クマやタコのぬいぐるみを持つ者だけ発言できる
という決まりが、その馬鹿馬鹿しさを視覚でも訴えたのでした。
大の大人がクマだのタコだのを持って発言したり、欲しがったりという図が、
まだ娯楽の少なかった当時としては、非常に受けたのですね。
しかも、開局間も無いフジテレビながら、木曜昼の顔触れは凄まじく、
12時15分「お笑いタッグマッチ」50分「おとなの漫画」13時「おとぼけしんぶん」と、
いずれ劣らぬ芸達者たちが、即時性の強い笑いを繰り広げるというもの。
そりゃ、瞬く間に注目も集めるでしょう。

その後、このタッグマッチは金曜日に移動します。
そして、金曜12時台という放送時間でありながら、20%を超える視聴率を記録。
この構図は、以後も『お昼のゴールデンショー』『笑っていいとも!』と、
フジテレビの伝統的な得意分野となっていくのですが、
特に『いいとも!』は、さんまとタモリのトークコーナーが人気を呼び、
金曜昼はフジのお笑いという伝説を再び呼び起こしたものでした。
そんな大人気に支えられ、昭和38年1月30日には、
スター千一夜の中で200回記念を祝い、7人全員が出演したのでした。

提供は、三立製菓や丸美屋が有名でしょうが、末期はライターメーカーだったようです。
マルマンでしょうか?
とにかく、昭和40年4月9日放送に於いて、その生CMで、
桂伸治が持つタバコにライターを差し出したCM嬢。
ところがこれが何故か、なかなか発火しなかった。
「本当はよく付くのです」と悪戦苦闘したCM嬢、
なんとか発火したもの、最後は泣き声に近かったと言います。

この番組が始まった二年後の昭和36年7月9日、NETが『日曜演芸会』放送開始。
呼び物の「珍芸シリーズ」(当初は「小咄合戦」)には、
この番組の出演者が、なんと柳昇まで含めて、ほとんどそのまま登場。
それだけこの番組の面々が爆発的な人気を持っていたという事でしょうが、
当然、老舗タッグマッチ側は、NETに彼らが出演するのを嫌い、
締め付けに入ったと言います。
その圧力で、柳昇や小円馬が珍芸シリーズを降板したのですが、
表向きは掛け持ちが辛いという事になっておりました。

更に昭和40年、フジテレビはいよいよ、『日曜演芸会』の真裏に、
『日曜お好み寄席』をぶつけるという対抗策を講じました。
そして、「現在の二倍プラス五千円のギャラ」という破格の条件を提示し、
フジテレビ側への恭順を迫るという高圧的な態度に出たのです。
従わない者はフジテレビから閉め出すという、非常に強硬なものでした。
彼らの多くは大いに悩んだのです。何故なら、NET『日曜演芸会』は、
彼らの小屋である新宿末廣亭の顔が有ったから。
そして結局、柳好だけがタッグマッチを選んだのですね。

昭和40年はこのように、この番組にとって大きな節目だったのですが、
件のライター騒動は、非常に象徴的な事件でした。
しかも、番組の長期化により題材も枯渇し、出題は長文化の傾向。
回答が難しくなり、桂伸治などは棄権までしてしまうなど、内容も落ちました。
こうして勢いが急速に衰えたこの番組は、昭和42年をもって放送終了。
一方の『日曜演芸会』は、その後も長寿番組としてNET日曜を彩り、
更に『末広演芸会』と名称を替えて、生き残り続けました。
このタッグマッチも、日曜演芸会も、落語家たちが打ち合わせ無しの即興で、
とんちの効いた返しを見せて人気を呼んでいたわけです。

ワタクシも子供の頃、母親が「お前はとんちがきいてるねえ(笑)」と宣い、
そんな言葉が普通に出てくる我が親に驚きましたが(笑)、
そんな、とんちがきいた落語家が昨今出て来ないと、
自作のバラエティ資料本の中で放送作家の高田文夫が嘆いていたものです。
それからすら、早十年余。
いまだにそんな落語家は出て来ないばかりか、
かなりいいセンを行っていた志らくのような者までが、
区別ネタから真摯な芸道に邁進するという状態。
いやあ、素晴らしいですね、芸道。でも、面白くはないんですけど。
なんで両立できる存在が消えてしまったのでしょう?
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
八つぁん熊さん
この番組の賑やかさが記憶にあります。大人たちは笑っているけれど、全然面白くないと感じている自分がいました。

記事には討論とありますが、私の記憶ではお題をもらってそれぞれのチームがお話を作っているという感じでした。
クマさんを手に持って話を作り、都合のよいところで隣の人にクマさんを渡してその話の続きを作る感じでした。
クマさんのチームが終わってから、タコさんのチームが同じようにしていた気がします。

私も印象があるのが、桂伸治さんが話しに詰まり、すぐに隣にバトンタッチし、「ええっ、もう終わり!」とか言われて、会場も大爆笑。
なかなか落ちが付かず、話がだらだらを長くなる気もしてました。
クマとタコは可愛かったけれど、子供の私には、騒がしいだけの番組に思えました。
どちらのチームが面白かったか、会場の拍手で決めてませんでしたか?
2014/03/11(火) 22:17:43 | URL | モデラート
提供:丸美屋
提供:丸美屋とは、ふりかけの丸美屋でしょうか?

だったら、丸美屋食品が正式社名です。

ちなみに、ミツワ石鹸も、以前は「丸見屋」という社名で、ミツワ石鹸は、ブランド名です(晩年は、「ミツワ石鹸株式会社」が社名になる)。
2014/03/12(水) 22:49:31 | URL | 10000k
すいませんm(_ _)m
今、Wikipediaで見たら、「提供:丸美屋食品」となってました。
2014/03/12(水) 23:06:53 | URL | 10000k
● モデラートさん
子供にはわからなかったんでしょうね。
さすがにモデラートさんも、まだまだ小さい子供さんだったろうと思いますので(笑)。
討論というのは、相手に茶々を入れるという感じですね。
基本は三題噺で、歌手がゲストの時はゲストが歌った歌の歌詞から三題取っていたようです。
拍手で勝敗を決めてたのですか。
どうでもいい気がしますが(笑)。
白組の方が出来が良いという声が多かった感じです。


● 10000kさん
勿論ふりかけの丸美屋で、後ろに大きなのり玉の絵が有ったらしいです。
ミツワも名犬ラッシー提供し始めの頃は、「丸見屋」だったんですね。
ミツワのラッシーで有名になったので、社名も替えた感じですか。
2014/03/16(日) 08:41:14 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ