私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

人間の條件 (1962)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、輝かしい足跡を残し続ける大映テレビの曙となった、この番組です。




五味川純平による小説の映画化が、全6部、9時間半にも及ぶ大作として公開され、
大いなる話題を呼んだ『人間の條件』の、テレビドラマ化でした。
これは、TBSが初めて連続1時間ドラマに挑むという事で、
それに相応しい大作をと、題材に選ばれたのでしょう。
制作は、当時はドラマのTBSとまで呼ばれた、TBS本体。
その昔のテレビ屋さんは、自分達でテレビ番組を作っていたから、
外部に対しても大きい顔をしたりもできていたのです。
だって、自分達が最も大変な思いをしていた訳だから。
今や、全てを外部に丸投げしている癖に、収入も態度も人並以上。
これを賎業、賎人と呼ばずに、なんと呼びますか。

と言っても、この番組は基本的に大映テレビ室の制作第一弾で、
TBSは監修のような立場だったのでしょう。
この番組、そして『図々しい奴』『赤いダイヤ』など、
初期の大映テレビ室は、どれもテレビドラマ史に一際輝く作品を連発。
TBSの中での位置も重要なものとなっていきます。
様々な事情で外注へと舵を切り出したテレビ局側の事情も有り、
そうした事情はTBSや大映テレビに止まらない話となって、
以後、先の口入れ屋機構が本格的に形成されてゆき、
テレビ局の連中は、賤人へと成り下がっていくのです。

このドラマに話を戻しますと、それだけの大作、初の連続1時間物という事でか、
予算もそれまでとは一線を画す、一本あたり二百三十万円也が投入されました。
ちなみにこの額は、すぐ後に同じTBS・大映による
『図々しい奴』が二百五十万円で抜く事となります。
それだけの予算は、戦時を描いたドラマだけに、情景描写が大変だったから。
なにしろ主人公の梶は、満州鉄鋼調査部勤務という設定。
同僚の恋人・美千子との耐える愛を描きながら、
一人の人間が、満州・シベリアという遠い異国の地で、
戦争という巨大な渦に翻弄されるという壮大なドラマなのです。
配役は、これがテレビ初出演という加藤剛(当時かとう・たけし)を主役に抜擢、
脇役もどちらかと言えば軽量級で、そこにはお金かかってません(笑)。

とは言っても、もちろん当時は日中関係は断絶状態ですので、
往時の満州でのロケは不可能ですし、勿論スタジオ撮影だったろうと思います。
それがためか、実地の満州ではあんな服装では凍えてしまうとか、
あちらの窓の形と違うとか、細かい指摘も多かったようです。
しかし、そうした事は、この番組の重厚さに期待をしてこそ。
そして、そのような事を実体験していた人々が、まだまだ多数いらしたという事なのです。
しかし、特殊工人の処刑場面は、テレビドラマとしては空前の、
二百五十人ものエキストラを使って撮影されるというものでした。
もっともこの時、朝七時からの撮影で弁当配給が14時となったため、
空腹のためエキストラ達が騒いで暴動寸前だったという話も有ります(笑)。

番組OPではロダンの「接吻」像が映され、重厚な番組に相応しく、
厳かなギターの音が流れるというものでした。
提供は、これが何故だか?の森永製菓。
おそらく、高級志向のチョコレート・ゴールドを大人の女性層に売りたかったのでしょう。
森永は、この主題曲のシート盤を配布しました。
度々書きますが、当時はテレビ主題歌で金を儲けようとしていないし、
企業も、ただ宣伝に止まらない顧客への還元として、このような無料配布をよくしました。
この曲は通常レコードでも発売されましたので、今なら売り上げを落とすと、
こうした行為は御法度となっているはずです。バブル以後、さもしい時代となりました。

戦時を描いた大作ですが、まだ敗戦の衝撃から癒えぬ日本人は、
客観的な流れとしての戦争という視点を得る事は、まず不可能でした。
故にこのドラマでも、日本軍の非道ぶりが殊更強調して描かれていたわけですが、
鬼軍曹役だった南道郎が、当時、次のような言葉を残しております。
「実際に(南が非人道的な人間だと)そんな野郎だと思う方が多いらしくて。
 でも僕は、なんでもかんでも軍隊と軍人を悪く描くのには反対です。
 とにかく僕は、忠実に戦争を描く作品に一本出てみたいな」(途中一部省略)
彼は昭和十九年、フィリピン・レイテ島でアメリカ軍と一戦交えた後、
満州へ転じた経歴を持っている身でした。
そんな彼が、このドラマに対して忠実に戦争を描いたとは評していない部分も、
後世の我々は冷静に捉える必要が有るでしょう。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。