私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



今晩は裕次郎です (1963)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、昭和30年代の芸能人と言えば男ならこの人!がやった、この番組です。




♪ 遥か夜空に 星を求めて
  貴方と僕の でかい夢
  (星に歌おう 星を掴もう)
  ほほえみならば いつまでも
  かなしみならば 忘れよう
  星の背中にこだまして
  今宵も夜空に幸せを
  
  
昭和30年代、日本にはスーパースターという存在が数名おりました。
野球界では長嶋茂雄。そして映画界では、石原裕次郎。
ライト版巻之弐で資料を載せたように、スーパーマン放送の昭和35年頃、
スーパーマンの提供会社ライオンが実施したスーパーライオンの懸賞で、
二等の賞品は、この両者のサイン入りの品どちらかを選べるというもの。
この二人が時の「スーパー」ヒーローだった事が偲ばれます。

映画界の寵児だった石原裕次郎、その並外れた人気ぶりを背景に、
旧態依然の映画界の殻をぶち破る言動が非常に多かった。
そして昭和38年、まだ五社協定の縛りが弱まりながらも活きている中、
石原プロモーションを年頭から設立。
石原個人としての活動へと、大きく舵を切る事になったのでした。
そして7月3日、その石原プロ制作による初のテレビ番組、
『今晩は裕次郎です』が、日本テレビにて堂々放送開始。

これは題名からも読み取れるように、ドラマなどの演技を必要とするものでない、
いわゆるバラエティ番組でありました。
いかな裕次郎と言えども、まだテレビドラマに出演するため越えるべき垣根は高く、
何よりも当の裕次郎自身が、演技は映画の方でという意向が強かったでしょう。
裕次郎は自身が歌う映画主題歌も、次から次と大ヒットさせておりましたから、
演技が御法度なら歌を中心としたバラエティ番組という選択は、
ごく自然に湧いてきた企画だったろうと思います。

それにしたって、あの石原裕次郎が毎週毎週タダのテレビ画面に登場する
というのは、テレビ界にとっては一つの事件で、大きく取り扱われました。
冒頭の主題歌は、もちろん裕次郎が歌う、「星を求めて」。
山本直純作曲による、本番組独自の歌で、レコード化はされていないようです。
ただ、これまた提供会社であるサッポロビールが、宣伝も兼ねた還元として、
主題歌と軽いお喋りが吹き込まれた葉書シートを配布しました。
宛名面に宣伝されるは、サッポロジャイアンツ。

いやいや。サッポロビールが所有していた球団名ではなくて(笑)、
そういう名のどでかい瓶ビールを売り出していた時期だったのです。
読売ジャイアンツ系列の日本テレビで、サッポロジャイアンツのCM。
徳光和夫なんかやりたい番組だったかもしれないですね(笑)。
コーラスはクール・チャッピーという四人組で、一聴すると男女混声に聞こえますが、
圭チナ子という女性が男性よりも低音が出ていたようで、
非常に珍しい、純正の女声四人組コーラスでありました。

第一回は流石に特に気合いが入っていて、件の長嶋茂雄がゲスト出演。
矢張この両者、当時の二大スーパースターという認識は、まだ堅固なものが有りました。
更に他にも、浅丘ルリ子、村田英雄、渥美清が出演。
たかだか30分の個人バラエティとしては、破格の出演者と言えましょう。
渥美清は、なんと裕次郎のギターを伴奏に、「夜霧のブルース」を歌いました。
三回目の17日は、高輪プリンスのプールサイドからの中継。
夏・水・裕次郎の取り合わせは好評だったようです。
ゲストとして、アメリカのシンクロナイズドスイミングの面々が、
まだ日本では馴染みの無かった技の冴えを見せて、これも好評だったようです。

8月14日放送のゲストは、チリから来たロス・クワトロ・エルマーノス。
彼は日本語で「いつでも夢を」を歌ったようですが、
裕次郎の意向だったのかどうか、このように、ちょっと意外な国から招いた
外国の歌手というゲストを多用していた感じです。
ただ、この番組を最も楽しみに見ていた人たちって、
どんな人たちかと考えれば、どうしたって、裕次郎ファンであるはず。
こうしたファン視点から見れば、わずか30分の放送で演出やゲストに凝っても、
肝心の裕次郎の歌が減ってしまうというのは、不満要素でしかありませんでした。
こうして、おそらく初の石原プロ制作番組は、
あまり振り返られぬ憂き目に遭っているのです(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
サッポロストライク
ジャイアンツの大瓶に対して300ミリ位のサッポロストライクを親父が飲んでました。普段は飲まない人だったんですが夏の暑い日だけ風呂上がりに飲んでいたのを思い出しました。以来我が家は「男は黙ってサッポロビール」です。
2014/04/13(日) 09:04:35 | URL | とらお
あ。有ったかも、ストライク。
やっぱり野球に合わせた名前なんですよね。
2014/04/13(日) 15:35:33 | URL | ごいんきょ
裕次郎さん繋がりで
CSで大都会、西部警察等を見るのが日課になってます。内容はともかくタイアップが凄いですね。一般の社員がチョイ役で出るのはもちろん、ステーキのあさくまさんは当時の社長さんが本人役で出て、結構セリフもありました。「私はどうなっても良いですから、お客様と従業員の安全を守って下さい。」とか。松竹梅の宝酒造も工場内で銃撃戦したり、オートバックスも舘ひろしさんと一般の店員さんがアドリブ交えてセリフがあったり。裕次郎さんだから引き受けた企業もあったのではないでしょうか?やはり昭和の大スターですから。(スレが無い番組なのでこちらに書き込みしました。)
2014/05/31(土) 22:06:11 | URL | とらお
大都会も西部警察も、まだスレ無いんですよね。
あれらは、ワタクシが刑事ドラマに食傷気味だった頃の番組なので。
でも、なんとか十年以内には扱いたいですね(笑)。
2014/06/01(日) 08:30:54 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ