私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



つんころ大助 (1960)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、意外と数少ない力士ドラマの人気作だった、この番組です。




♪ でっかい体で大力無双 だけども臆病オヤ々
  ツンツンつんころ 大助がんばれ
  押してけ押してけ 新弟子さんだよ


後発で、まだまだ制作能力も先行局に追いつけていなかったフジテレビ黎明期、
数少ない大当たりのドラマが、この番組でした。
「つんころ」というのはアイヌ語で「力持ち」だという事で、
相撲部屋へ弟子入りした怪力無双の少年を描いていく物語。
作者は相撲通で知られていた北条誠。
北条が電波媒体でも活動をするようになったのは戦前のラジオからで、
既にかなりの実績は有った人物であるものの、この番組、
と言うか、この局には、その相撲が取り持つ縁が働いていたのでした。

彼は、時のフジテレビ社長・水野成夫が、まだラジオの文化放送とすら関わる前に、
枡席で知り合った間柄だったのです。
そして水野は文化放送、更にはフジテレビと預かっていき、
その水野を介して、日本放送、のちフジテレビの天皇となる
鹿内信隆とも知り合ったのでした。
そんな関係の局であるからかの、この番組。
今と違い、相撲は人気番種の一つでしたから、力士の人気もただならぬもの。
そんな時代に、北条のツテで、毎週現役力士が出演するとあっては、
当たらないはずがないというものでした。

放送開始が1月からだったので、桜川部屋の餅つきから番組は始まります。
この日、益田キートン演じる部屋の出入り職人が、町で素質充分の少年を見つけ、
怖いと尻込みする彼を説得して部屋に連れてきます。
平凡太郎演じる浜桜が餅を持って来いと言うと、
その少年はウスを軽々持ち上げて運び、一同の度肝を抜いたのでした。
この浜桜、スポ根ものでは当時から定番の、イビリ役。
おかげで攻撃の手紙が山と来て困ったという、
当時の嫌われ役共通の悩みを抱えておりました。

桜川部屋親方には、岡譲司。
恰幅を付けるため、夏場でも浴衣の下に肩布団や胴布団で肉付けして汗だくだったと。
デブの山桜が里井茂、とぼけた桜ヶ丘が河野彰、床山が梅津栄、
お手伝いさんが牛込安子、呼び出し見習いがドン杉山、親方の娘が二本柳敏恵。
大阪からは藤山寛美がゲスト出演した事も有ったようです。
主人公の大助は、根岸直彦。本当に相撲取り顔負けの体格をしておりました。
この番組の後は目立った活動をしてない感じですね。
提供は、ミネビタールの三共。ミネビタールとは、要するに栄養剤ですね。
体力を付けようという事で、この番組では特にミネビタールが推されたようです。

そして、先に書いたように、この番組の売り文句だった実在の力士らでは、
北条誠と親友付き合いだった元吉葉山の宮城野部屋の面々、
宮城野親方や明歩谷などが、特に中心的に出演しました。
第一回は、なんと栃錦と若乃花の二大花形横綱も出演。
いかな後発フジのドラマとは言え、これは子供達こぞって見たでしょう。
こうした力士たちは、原作者である北条誠が、自ら出演を説得したというのです。
力士にはそういう事を好まない人間もいたでしょうが、
日頃から相撲との関わりが深い北条のたっての頼みで、実現していたのでしょう。
冒頭の主題歌作詞も、もちろん北条自身がしております。

北条は相撲のみならず、スポーツ界には顔が広く、
この番組は他に、野球の別所、藤田、近藤和、桑田、秋山、堀本、王と行った、
読売と大洋のスター選手、更にボクシングの矢尾板、ファイティング原田、
そして漫画家からも西川辰美、岡部冬彦といった面々の出演を実現させました。
この当時、こうした面々が毎週出てくるのでは、そりゃ人気を呼びますよ。
相撲ものというのは、やはり体格に特殊なものが要求されるので、
昭和時代には人気が有った種目とは言え、ドラマ化は非常に少なく、
よく考えてみればこの番組以外には思いつかないですね。
『どっこい大作』で、取っ掛かりだけ大鵬部屋の協力を仰いだりしましたが。
相撲協会は、この頃の親しみ易さを見直してみるのも良いのではないかな。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ