私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



ザ・ヒットパレード (1959)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、洋楽を日本に普及させた功績ある、この番組です。




♪ ヒットパレーイド ザ・ヒットパレーイド みーんなで選ぶ
  ヒットパレーイド ザ・ヒットパレーイド
  みーんなの ヒッ パッ レ~~~イ


開局間も無いフジテレビが始めた音楽番組ですが、開始の頃、
まさかこれだけ伝説的に語られるほどになると想像した人はいないでしょう。
後発のフジテレビだけに提供会社集めには難儀しており、
この番組も、最初期にはベルマン化粧品という、
あまり知られていない会社が提供しておりました。
ところが、番組に或る程度の人気が出て、知名度を獲得したと見るや、
広告費が勿体ないという事でしょうが、もうウチは充分名前を知られたと、
提供を打ち切ってしまうのですね。
ところがところが、提供を辞めたらたちまち存在を忘れられてしまい、
すぐに倒産の憂き目に遭ってしまい、テレビの影響力を知らしめました。

オープニングで「企画・制作 渡辺プロダクション」と大きく出たので、
当時からこの番組に出るのは渡辺プロの歌手だけだという事は有名で、
何かにつけてその辺の苦情が投書されておりました(笑)。
けれども、フジテレビ創立当初は、これだけの歌手を集めた音楽番組制作は、
なかなか厳しい状況なわけです。
そこを、まだ外部制作会社というものが正式には存在しない頃に、
企画・構成から出演者の手配まで、一手に引き受けてくれる存在は、
非常に重宝だったわけですね。但し、ノーギャラではないですよ、勿論(笑)。
安かったがノーギャラではなかったという渡辺晋の談話が残っております。

時のディレクターは、すぎやまこういち。
後に作曲家に転身してしまいますが、当然オープニング曲も彼の作曲でした。
司会はミッキー・カーチスとか、その後の長沢純、豊原ミツ子あたりが有名ですか。
長い番組なのでいろいろ変わりました。
提供は、ベルマンの後に渡辺製菓の時期も有ります。昭和38年頃ですか。
渡辺プロ制作・渡辺製菓提供で売ってました。
その時代の始まり方は、こんな具合でした。


長沢「ジュースの素、インスタントココア、即席しるこでお馴染みの
   渡辺製菓提供でお送りする、渡辺ザ・ヒットパレード」
豊原「この時間はスタンダードからポピュラーまで、
   皆様のお好きな曲をリクエストして戴き、
   一流のバンド、一流のシンガーによってお送りするテレビ初めての」
長沢「そして唯一のヒットパレードです」
豊原「それでは早速、スリー・ファンキーズの皆さんに
   渡辺トリオの歌を歌って戴きましょう」

♪ 渡辺のトリオだよ おいしいトリオだよ
  あなたにあげましょうか ウーン甘くて素敵なトリオ
  ジュースを飲みましょうか オレンジ パイン グレープ
  楽しいデイトに 僕と二人で ネッネッ
  渡辺のトリオだよ おいしいトリオだよ
  インスタントドリンクスの オー! No.1のトリオ


一流のバンドというのは、スマイリー小原とスカイライナーズが有名。
他にも松宮庄一郎とシックス・ジョーンズなども出ておりましたが、
なんと言ってもやはり、踊る指揮者のスマイリー小原は忘れ難いところです。
スタンダードからポピュラーまでと言っておりますが、
この曲種に関しても、苦情がけっこう有りました(笑)。
こんにちは赤ちゃんとかが入ったのに、なぜ愛と死を見つめては入らないとか、
あとは「ワシントン広場の夜は更けて」にいちいち詞を付けて
歌手に歌わせるのはおかしいとか、まあ、お説ご尤もなのですが(笑)。

大体、青島幸男に「ワシントン広場の夜は更けて」を歌わせる意味が判らないし、
それって一流のシンガーかよというね(笑)。
順位に関しても苦情は多く(笑)、中でも鋭いなあと思わせたのが、
ザ・ピーナッツがレコードを出している歌が1位になるというもの(笑)。
昭和30年代も後半になってくると、視聴者も何時までもウブではなく、
ましてこの番組は最先端の若者が見る訳ですから、誤魔化しはききませんでした。

例えば、ミッキー・カーチスと坂井メイ子アナウンサーが司会の時、
リクエスト葉書に「恋の汽車ポッポ」と書いてあったのを、
二人で顔を見合わせて、「恋の片道切符」の事でしょうねとやってしまい、
これなどは当然、勉強不足としてお叱りを受けるわけです(笑)。
でも、ワタクシが最も致命的だなと感じた指摘が、
ピーナッツはドイツに滞在しているのに、ビデオで歌を流しているという事。
視聴者のリクエストで決めると言っておきながら、おかしい。
なにがなんでもピーナッツを出演させる必要は無いだろうというもので、
たしかに当時は、特に視聴者をナメて作っていた部分は有るでしょうね。
また現今、そんな感じの制作態度になっている感じですが。

とは言え、全体としてはやはり、日本にポップスを定着させた功績大の番組で、
昭和30年代後半は、洋楽に日本語詞を乗せた和製ポップスが大流行。
その源流は、この番組も築いたと言って良いかと思います。
当然、この番組に出ていたザ・ピーナッツも洋楽を数多く歌いましたが、
代表的ヒット曲の『情熱の花』の元歌を歌っていたカテリーナ・バレンテが、
昭和38年4月30日に出演し、逆にピーナッツの持ち歌である
『恋のバカンス』を日本語で歌うという趣向が有りました。
これはレコード化もされているようですね。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
引っ張れ 引っ張れ みんなで引っ張れ
この番組の主題歌を、こんな風に覚えていた方は多いと思います。私もその一人ですが。

ところで、番組スポンサーとして私が記憶しているのはグリコです。確か、昭和42~3年頃だったと思います。当時のグループサウンズブームの中で、明治のタイガース、森永のテンプターズに対抗して、ブルーコメッツがCMを担当していた頃に当たります。
番組中の生CMで出演者がアーモンドチョコを食べる時に、「カリッ」という効果音が流れましたが、当時未就学児童だった私は、実際にチョコを食べてもあんな音がしないのなんておかしいと本気で思っていました。実際には、専門用語で言う「シズル感」を出すため、作為的に入れていたものだったのですがね。
2014/03/28(金) 14:47:59 | URL | うみがめ
以前たけし軍団が深夜番組で「亀有ブラザーズ」なるコミックバンドを結成し、ツカミで「♪ヒッパレェ、ヒッパレェ、〇〇〇をヒッパレェ」(〇〇〇にはたけしさんがネタで言いそうなお下劣な言葉が入ります)ザ・ヒットパレードのテーマソングの替え歌を歌ってました。現在では某ナベツネ球団の応援団がチャンステーマで「♪ヒットパレード、ヒットパレード…」などとデカい声を張り上げているようです。
2014/03/28(金) 22:35:22 | URL | ナベチン
● うみがめさん
グリコ時に関しては、YouTubeに当時音声を上げてくれている人がおりますね。
ブルコメがグリコでしたか。
うーん、ワタクシ、CMですらGSの記憶が皆無なんですよね。
タイガースすら覚えてないもの。
おそらく、歌番組での彼らを一回も見てないから、
人物認識が出来ずに記憶に残ってないんだろうな。
CMまでみないで通すというのは難しそうだもの。
まさか歌番組中のCMだけで流れたわけでもないだろうし。
ああ、カリッという効果音を流していたのですか(笑)。
でも、なんかそれはワタクシも思った気が。
普通のCMでもよく出してましたからね、あの音。
それで自分で食べる時に、思いっ切り勢いを付けて割っても音がしなくて、違和感は確かに感じてたです。


● ナベチンさん
引っ張れネタは、これまで相当な数が使われてると思うんですよね。
放送当時から他の番組で使われてたと思いますし。
2014/03/29(土) 06:02:45 | URL | ごいんきょ
ザ・ヴィーナスとの因縁関係
’80年代初期に活躍したザ・ヴィーナスが、この番組をモチーフにした「ザ・ヒットパレードというレコードを出しました。

その名の通り、この番組をモチーフにしたパロディですが、メドレー形式で、使用曲数が非常に多く、著作権料が膨大になったため、当時の明星が、付録の歌本に、歌詞の掲載を断念したというのがありました。
 
後に、ザ・ピーナッツの「情熱の花」と同じく、「エリーゼのために」をもとにした「キッスは目にして」を出して、これがヒットしました。

もともとは、オールディーズ指向のバンドではありませんでしたが、方向転換でオールディーズ路線にしたため、この路線が定着しました。

偶然とはいえ、なにか、この番組との因縁を感じます。

ちなみに、混同する人がいましたが、ザ・ショッキングブルーの「ヴィーナス」はカバーしていません(バナナラマがリメイクした時に、日本では長山洋子などがカバーしました)。
2014/03/29(土) 07:12:12 | URL | 10000k
ザ・ベストテンでヴィーナスが「キッスは目にして!」を歌った時、我が父が大いに驚いてましたっけ。
「これピーナッツの歌じゃないか!」と。
作曲者をベートーベンにしたのは、著作権料を払わなくて済むようにだったと思います。
2014/03/30(日) 06:59:31 | URL | ごいんきょ
1990年頃まで再三、復活スペシャル番組が組まれたものの・・・・
ちょうど平成に入る1990年頃まで再三、復活スペシャル番組が組まれていました(最近も再現ドラマという形で復活特番が組まれましたね)けど、その度に司会者が
「当時のビデオ映像は一切残っておりませんm(_ _)m」
とのお詫びがあったのが実に悲しいですね。
過去映像の保存の悪さで言えば、フジテレビが筆頭では無いかと常々私個人は思っておりますけど・・・・、何せ、既に1980年代に入っていた筈の「スター千一夜」最末期の明石家さんま出演の映像すら全く残されていなくて、さんまに「保存せえよ!」と突っ込まれた位ですからね(苦笑)。
水野成夫→鹿内一族→日枝久といった塩梅のトップ交代の度に上層部も局カラーも大きく入れ替わるって局の歴史が「過去を振り返らない」体質を生んでいるのかも知れませんけどね。
2014/03/30(日) 12:04:04 | URL | TXが無いテレビなんて・・・
テレビは心で作るもの
再現と言いますか、この番組が誕生した時分を含めた渡辺晋氏の半生を描いた、その名も「ザ・ヒットパレード」というドラマは、今から8年前の放送でした。
劇中、ヒットパレードのテーマ誕生秘話も紹介されていたのですが、それによると椙山浩一(すぎやま・こういち)氏が渡辺氏から作曲依頼を受けたのは、第一回放送の前日だったと言います。つまり、殆ど一夜漬けに近い作業だったのですね。

ところで、このドラマの中で深く印象に残っている台詞があります。それは、晋がスタッフ達を前にしてテレビの何たるかを説くシーンでした。
「いいかい、テレビというものはだな、決して金で作るものではない。頭で作るものでもない。ハートで作るものだ」

テレビが面白くないと言われて久しいですが、その最大の原因は作る側にハート(心)がこもっていないからに他なりません。いくら巨額の予算をつぎ込んだところで、あるいはスタッフが知恵を絞ったところで、観る者の心に響かなければ何にもなりません。
本当は、全てのテレビマンが肝に銘ずるべき言葉なのですが、あれから状況は何一つ変わっていません。真に志の高いテレビマンはもう出てこないのでしょうか…
2014/03/31(月) 13:32:57 | URL | うみがめ
● TXさん
フジもねえ、必ずしも捨てたものではなくて、
三匹の侍新シリーズとか、若者たちが全話残ってますしね。
『花いちもんめ』も見られますし、あの当時のドラマ保存は捨て置けないものが有ります。
ワタクシは、民放の筆頭・日本テレビこそが最も保存状況悪いと思ってますけど。
ま、どこも五十歩百歩だと思いますけどね。
特に関西はケチだからか?(笑)、VTR消しを五十年代までやっていた感じですね。
テレビ東京もようやく過去のエログロ体質と向き合う勇気を持てた今(笑)、
最も過去から逃げているのがフジテレビであるかも。


● うみがめさん
ただ、ドラマはあくまでもドラマで、フィクションですからね。
日テレのシャボン玉ドラマでは、明らかな創作だった感じですし。
すぎやま氏の談話でも挟まれていれば信憑性増しますが。

ハートで作るねえ。誰が考えた言葉なんだろう。
晋さんが実際に言ってたのかな。
それもドラマだから、実際を元にしているかどうかは。

ただ、渡辺プロは、見世物という事に関して、真剣に向き合っていたとは思います。
当時のナベプロ歌手、たまに出てきて歌うと、今の歌手とは格段の歌唱力の差を感じますもの。
金にさえなれば良いという広告代理店とか作家あたりが力を持って、芸NO人がけたたましく増えました。
テレビ局の人は、今や中間搾取層に過ぎないですからね、ほとんど。
2014/04/04(金) 07:12:27 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ