私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



日曜ロードショー (1962)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、洋画番組の老舗という隠れた功績を開陳する、この番組です。





今ではそれほどでもないとは思いますが、テレビ放送の旗手争いで、
民放の日本テレビと公共のNHKと、凄まじいまでの争いを繰り広げていたものです。
背後にはおそらく、日本官僚対アメリカ様という暗闘が隠されていたと推察しますが、
当の局員たちを含め、圧倒的大多数の人々は、ただNHK対民放という見方、
せいぜいが、民間対お上的なものとして捉えていたでしょう。
当時としてはわりと例外的だった、公共放送と多数の民放が混在するという形は、
日本ならではのテレビ文化を生み育て、昭和時代には意義も有ったかと思います。
現今は、NHKの堕落によってその辺も非常に怪しくなってきましたが。

とにかくテレビ放送開始当初は、免許取得や放送開始の第一号を、
NHKと日本テレビがそれこそ死力で競い合いましたし、
次には、カラー放送の主導権で、似たような争いが生じた訳です。
本放送開始では詰めの甘さで、NHKにやや出し抜かれ気味だった日本テレビは、
その雪辱を誓ったか、カラー放送に掛けてはNHKをも凌ぐ、
猛烈な攻勢を早々から仕掛けておりました。
日本初のカラードラマ放送とされる『赤い陣羽織』を、
昭和34年4月15日に放送。
この時、カラー受像器は非常に限られた場所にしか設置されておらず、
この番組をカラーで見た人は、まず身の回りにはいないでありましょう。

その設置場所とは、東京駅八重洲口構内、京急品川駅構内、東急渋谷駅構内、
新橋西口広場、江東楽天地温泉会館前、西武新宿駅前、東急自由が丘駅前、
川崎駅ビル・ホール入口。他に戸山ハイツ生協前で、投写式受像器を設置。
と、わずかこれだけだったようです。であれば、かろうじて見た人も、
1時間のドラマをきちんとは見てないでしょう。
この頃カラー放送を堪能できた人は、非常に限られた人だったはずです。
日本テレビは、こうしてカラー放送の普及にほとんど独走状態で、
翌35年からはそれに拍車をかけていきますが、NHKを除く他局は、
二番手の現TBSがやっとこ申し訳程度に付いていった以外、
フジもNETも、まだ普通の放送すら四苦八苦の時代でした。
そして、NHKすらもカラーへの取り組みは、
日本テレビにかなり水をあけられた状態で推移する事となります。

あのシャボン玉ホリデーは、昭和36年6月4日の第一回放送から、
ずっとカラー放送を続けていたのです、既に。
そんな日本テレビが、昭和37年10月7日から、
毎週日曜夜8時から90分枠を取って始めたこの番組は、
当時としては非常に期を画する映画番組であったはずなのに、
何故かその功績がほとんど振り返られずに来ております。
それまで洋画番組と言えば、1950年代以前の旧作で、
放送時間も昼日中か深夜というのが相場だったものを、
堂々たる夜8時に、それもカラー映画を放送するというものでした。
これが実現した背景には、外画輸入規制が緩和された事が有りましょう。

往時の日本は、敗戦後のため外貨、言ってみればドルですが、
非常に不足していたため、その使用には規制がかかっていたようです。
そのため、国産テレビ映画製作の機運も高まったわけですが、
丁度そうした頃合いに、日本の経済状態が大いに上向いて、
昭和35年頃から各業界で段階を踏んで緩和されていき、
外国テレビ映画に関しては、昭和36年4月に外貨制限が大幅緩和されたのです。
おそらく、これがために、このような大型洋画番組が実現可能になったのでしょう。
ちなみに、昭和39年7月には全面的に合理化されたらしいですが、
皮肉にもその頃には、日本のドラマ制作能力も高まり、
外国ドラマにはかつて程の訴求力が失われていくのでした。

放送された映画は、第一回がチャールトン・ヘストンの遥かなる地平線。
以後、大城塞、追われる男、最後の砦、南部魂は消えず、
鷲と鷹、シアトルから来た女、ホンコン、カリブ海の海賊、悪魔の島 等々、
どれも一線級の映画と言えるかは微妙ながら、名の知られた大スターによる、
テレビで楽しむには上々の映画が、毎週放送されたわけです。
当時の映画好きは、きっと狂喜しただろうと思いますが、
しかし病膏肓に入るほどのマニアとなると、不満も有ったでしょう。
まず第一に、どうしてもカットが入る事。
放送時間90分という事は、正味が70分強でしょうから、
かなりカットされていたと思います。
もっとも日テレ側は、日本人好みのテンポが出せると前向きに解釈(笑)。

更にこの手の番組で必ずひと悶着あったのが、吹き替えの問題。
通は字幕での放送を希望する訳ですが、数多くの視聴者には、
やはり日本語での放送の方が取っ付きやすいわけです。
特に当時はテレビ画面も小さいですから、字も多く出せませんし。
そんなわけで吹き替え俳優が登場する訳ですが、
日テレはこの時既に、俳優毎に決まった声の人物を起用する方針。
例えばジョン・ペインに小林恭治とか固定しました。
既述TBSの金曜ロードショーでは、同じ俳優で声が違うと苦情が有り、
また、同じ俳優でも局によって違う人がアテたりと
洋画の声が完全に固定されるまでは、結構な時を要しました。

提供は、大正製薬と三洋電機。
後にフジテレビで三洋カラー劇場を始め、ジャングル大帝を世に出す三洋は、
この頃から既に、カラーテレビの普及に乗り出していた事が窺い知れます。
大正は、この後もずっと日本テレビ日曜20時枠を提供し続け、
栄養ドリンクに相応しい、溌剌とした青春ドラマを世に送る事となります。
そんな両社の受け持ち時間を割り当てる都合だったと思うのですが、
この番組、なんと解説が、番組開始から30分ほどしてからだったというのです。
少なくとも放送開始当初は。
昭和39年4月より、三洋は降りて、代わって不二家が担当する事になりますが、
ひょっとすると既にこの時、一社提供でのカラー枠に向けて動いていたのでしょうか。
ジャングル大帝の放送開始は、昭和40年10月からとなるのでした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ