私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



少年探偵団 (1960)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、書籍・ラジオ・映画・テレビと全ての媒体で子供に大人気だった、この番組です。





♪ ぼ ぼ ぼくらは少年探偵団 勇気凜々 瑠璃の色

九州の方、真に申し訳無い事でございます(?)。
これぞ昭和三十年代の少年達を熱狂させた少年探偵団の主題歌。
と言いたい所ですが、実際の所、この歌が少年たちの
血湧き肉躍らせたのは、ラジオドラマでの話。
テレビ番組ではまず、当番組に先立って日本テレビが、
同じく江戸川乱歩の原作を元にした『怪人二十面相』を制作。
森永製菓の提供で、そちらもけっこう長く放送された人気番組でした。
冒頭、腕を組んだ二十面相が不敵に笑う、非常に記憶に残るOPだったようです。

但し、そちらの主題歌は、記事冒頭で紹介した、皆が口ずさめる
お馴染みの例の歌ではありませんで、独自の主題歌でした。
それは何故か。ラジオ版を放送した日本放送に配慮したのでしょう。
さて、その日本テレビ版が終了するや、今度はフジテレビが、
題名もラジオ時代そのままに『少年探偵団』の放送を開始。
こちらは、主題歌もよく知られた例の歌でした。
それは何故か。日本放送は、フジテレビの親会社だったからですね。
だからなんの遠慮も要らず、ラジオ時代と同じ主題歌が流れたのでした。

では、こちらの方は少年達の血湧き肉躍らせたか…
と言うと、どうもこれが怪しい感じなのです。
ネット上の記述を見回しても、そうは多く当たりません。
ま、時代を超えて新作が作られ続けている作品なので、
その後に作られた数々のカラー版や、原作書籍の方の情報量が凄く、
埋もれてしまって、白黒テレビ版の情報を拾い集めるのが大変という事ですが。
それにしても、そんなには目立たないし、仮に見つかっても、
同時代の人気番組に比べると、非常に淡泊な記述だったりします。
それは何故か。

おそらく、作りがあまりに未熟だったので、子供騙しにもならなかったのでしょう(笑)。
なにしろ最後発のフジテレビ開局翌年の番組ですし、
まだまだ制作能力や金力が足らなかったのでしょう。
そのため、子供ながらも「あーあ」感が有って、
感動的な印象がそれほど残っていないのではないかと思うのです。
では、どのように未熟だったのか。
当時の声を幾つか拾ってみましょう。
曰く、明智探偵が二十面相に変装したのは良いが、
声が二十面相とは違うのに部下が怪しまないのはおかしい、とか(笑)。

ちなみに、二十面相は大平透だったようで、あれだけ特徴ある声じゃ、
そりゃ、部下ならすぐにわかるだろって気持ちにもなるでしょう(笑)。
更には、人間が薬を飲んで透明になるというのは現実離れしすぎとか、
場面は雪山のはずなのに走るとガタガタ足音がするから、
下が板なのがバレバレだとか(笑)。
「幽鬼の塔」の回で魔人と称するロボットが自動車の下から出てきたが、
誰がどう見てもロボットには見えないとか(笑)、
子供が真似して車の下に潜ったら危ないとか、これは一理ありますが、
とにかく当時とは言え、視聴者は決して騙されてはいなかったのが、
先般書いたザ・ヒットパレード共々、よく判るのでありました。

しかし、そんなこの番組でも、一つ非常に誉められている事も有ります。
それは冒頭のコマーシャル。
当時は、番組中のコマーシャルは生CMも多く、
フィルム撮りの白馬童子ですら生CMが有ったというくらいですから、
生ドラマだったこれには、もちろん生CMが有りました。
提供は、鷲のマークの大正製薬だったようです。
しかし、「探偵CM」と題したそのコーナーでは、
豆探偵とCMガールのやり取りに商品名がまったく出て来ないという、
当時としてはなかなか考えられない作りだったのでした。

そこでは、汗はなぜ出るかとか、鯉のぼりの由来、
登山と気温の関係など、科学や常識に関する豆知識を紹介し、
よい勉強になると、子供からも親からも賞賛されていたのでした。
その「探偵CM」が終わると、例の ♪ ぼ ぼ ぼくらは
という上高田少年合唱団の歌声が始まっていたのでしょう。
おそらく明智探偵の助手役だと思うのですが、
子役時代から活躍していた上田みゆきも出演。
彼女はこの数年後、アニメのエイトマンでも、
主人公の東探偵の助手・サチコを演じておりましたっけ。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
この記述を読んでいて、ふと「鉄腕アトム」の実写版のことをなぜか思い出してしまいました(苦笑)。
あれも確かフジテレビの開局初期の頃にやってたはずですが・・・まぁ奇跡的に残っていた最終回(だったはず)の映像が以前「テレビ探偵団」で流されていたのを見た印象では・・・「これは無謀すぎるな」という一言に尽きる感じでしたね。

まぁ、でも仕方なかったんでしょうね。
この当時はまだTVアニメ誕生前夜ですからね。本来アニメでやるべきものも、特撮モノのような形にするしかテレビでは表現できなかったわけですしね。
とは言っても、そこまで無理してアニメでしかちゃんとその世界観を伝え切れそうにないものまで実体化しなくても・・・という突っ込みも一方では成り立つわけですけど(汗)・・・まぁ、そのぐらい当時のテレビ黎明期の製作陣の方々はテレビに対する可能性を大きく捉えていたことを「アトム」や「二十面相」の実写化を早くから試みようとしたという点からして汲み取ることは出来るんですけどね。
2014/03/29(土) 04:46:39 | URL | (ハンドル未記入)
とにかく制作能力と予算が無かったので、仕方無いんですよね。
特に予算が大きいのでしょうが。
お金さえかけられたら、当時の技術でもいろいろ出来たはずなんです。
2014/03/29(土) 06:33:52 | URL | ごいんきょ
ちここの暗号
この番組は生放送だったんですか?どこを探しても映像は残っていないみたいで。そんな中で、小生の記憶に残っているのが「ちここの暗号」で、敵に捕らえられた探偵団諸君が、部屋の中で「ちたすここけて」をくりかえしながら踊る場面と、助けにきてくれた明智探偵かな?と逃げる時に大勢の敵に囲まれて「ちすきここみてちにげここだせ」と多分小林少年が仲間に話しかけると、なぜか敵もその暗号を理解して注意を促すという場面です。
もう一度見たい番組のひとつですね。
2014/04/08(火) 12:41:46 | URL | 心は少年
ですね、生、もしくはすぐに消すVTRのどちらかだったはずです。
動画は絶望的でしょう。

さすがに単純すぎる暗号なんで、それを通用させるほどには子供騙しではなかったのですね(笑)。
2014/04/08(火) 23:48:01 | URL | ごいんきょ
BD7
♪みんなでみんなでみんなで進めば怖くは無いさ~♪「テレビ探偵団」の項でじんさんがふれられていましたが、少年探偵団と言えば小生もこちらで育ってます。小林少年をキャロライン洋子の兄の黒沢浩(ルルル~ルピノッチオ♪)がやってました。キャロさんも妹役で何話か出てたと思います。怪人20面相は団次郎さん。郷秀樹が敵役とあって少々違和感ありましたが、オープニングテロップでは配役「?」になってましたが最終回で20面相は団次郎だったのか?なんてセリフがあり、ドラマと現実がごっちゃになるような変な終わり方でした。この番組が終了して「料理天国」を見るようになりました。
2014/09/25(木) 18:55:21 | URL | hey
そちらもそう遠くない将来、10年以内には間違い無く扱います(笑)。
2014/09/28(日) 09:16:21 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ