私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



あの橋の畔で (1962)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、島倉千代子が主題歌でも演技でも一世を風靡した、この番組です。





日本で最も多くのテレビドラマ主題歌を歌った歌手は、誰だと思いますか。
ほんの少し考えてから、読み進めてみて下さい。
と言っても、或る程度歌謡曲に詳しい方なら、この番組名でピンと来るでしょう。
この番組の主題歌、「夕月」を歌ったのは島倉千代子。
という事で、ワタクシの考えでは、おそらく島倉千代子がその答だろうと思うのです。
こういう事を書くと記録狙いの阿呆が出てくるので、迷ったのですがね。
少なくとも、昭和時代ではほぼ間違い無く、ぶっちぎりの記録だろうと思います。
と言っても、正式に調査したわけでもありませんし、他に例が思い当たる方は教えて下さい。

なにしろ彼女は、昭和42年に『島倉千代子歌謡シリーズ』という昼ドラマを、
日本テレビが放送。その時だけで、持ち歌が7曲もドラマ化されているのです。
その際、弟が俳優デビューしておりますが、その後はあまり聞きませんね。
また、それから間を空けない時期に、ライオン奥様劇場の方でも多数主題歌担当。
少し経ってからは、花王愛の劇場の方でも数曲担当しておりますし、
なにしろ、あの「人生いろいろ」にしてからが、愛の劇場『三どしま』主題歌なのです。
ざっとワタクシが思いつくだけでも、二十番組前後は主題歌担当していると思います。
それだけ、吹き込んだ曲数も多いという事でもあるでしょうが。
尤も、彼女とテレビドラマの親和性は、主題歌担当という関係だけに止まりませんでした。

昭和37年正月から放送された、この『あの橋の畔で』では、
この時期の本格歌手としては非常に早い部類で、連続ドラマの主役を担当。
それだけでなく、これが物凄い人気を呼んでいたのです。
なにしろ脚本が、菊田一夫。
そして題名からも推察できるように、再会を誓う男女が巡り会えるか、
という話で、いわば『君の名は』のリメイク版のようなものでした。
そして、巻き起こした現象も、『君の名は』の再来のような有様。
テレビドラマはもちろん大人気で、一年を優に越えて放送され、
その最中に映画化、そして舞台化もされ、どれも大人気を博し、
あまつさえ主題歌も大いに流行しました。

その島倉の歌う『夕月』は、当然、映画版でも主題歌に。
しかし、ただでさえ売れっ子歌手の島倉だけに、TVドラマだけで手一杯だったのでしょう。
映画版の方も、また、舞台の方も、それぞれ女性方の主役は違う人物でした。
但し、男の方は、全て園井啓介が担当。
TVドラマだけでも、これ以外に事件記者だの複数持っていたのに、
更に映画も舞台もこなしていたのですから、時の神風タレントでした(昭和語)。
それだけの大活躍だったのに、なんと、まだウィキペディアに項目が無いですね。
脱税で芸能界を去らざるを得なくなったようですが、
そんなこと言ったら、あの元野球選手とかどうなるんですか(笑)。

物語としては、島倉の葉子と、園井の光晴とが、
数寄屋橋公園で再会を誓って別れたものの、
葉子は兄の敷いた政略結婚の話が進んでしまい、
失意の光晴は自動車にはねられ記憶喪失になるという展開。
その後も、二人は折々に触れ、互いの気持ちを確かめ合うものの、
様々な障壁が立ち塞がって、どうしても結ばれない、というものでした。
この擦れ違い恋愛劇に、かつての『君の名は』よろしく、女性達が落涙したのです。
TBSディレクターは橋本信也。
この作品の「正統的演出」で、第三回日本放送作家協会賞の演出者賞を受賞しました。

秋頃から、光晴に迫る混血娘が登場。これは北のり子という女性が演じました。
そして、葉子の夫となったのが、穂積隆信。
穂積と島倉はこれ以後も良い関係が続き、ドラマ共演多いですが、
ずっと後年になって穂積の方が騒がれた『積木くずし』でも、
島倉は特別出演しましたし、映画版の方では主題歌も担当しましたっけ。
ただ、このドラマでは穂積の役はイビリ役の部類で、
町行く人々、特に女性に睨まれて困ると、こぼしておりました。

島倉千代子は、人生の四季『白い花の咲く頃』で初めてドラマに挑戦して、
以後はテレビドラマにも意欲的になっていたようで、翌年にはこの番組。
この昭和37年は、彼女にとって非常に特別な一年となりました。
1月、ドラマ主演で始まって、主題歌も番組も当たったものの、
3月には喉を痛めてしまうし、7月には例の、テープをぶつけられて
失明寸前だったとまで言われる大怪我をしてしまう。
しかも、その時の眼科医が、後年に大借金を背負わせる男だったとは。
そして11月には、阪神四番打者の藤本勝巳との婚約を発表。
これは結局うまくいきませんでしたが、人生色々の彼女にとっても、
この年は格別にいろいろ有った年でありました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
いやいや、島倉千代子さんがそんなにドラマ主題歌を歌っておられるとは知りませんでした。しかし、日本じゃあ二番だな。(快傑ズバットの早川健風に)おそらく一番は中村雅俊氏ではないでしょうか。まあ、特撮も含めれば、水木一郎兄貴ということになるかもしれませんが。
2014/03/30(日) 19:29:27 | URL | カースケ
いや、雅俊さんより明らかに多いです。
問題にならないですね。
フランク永井さんや松尾和子さんも多いのですが、そちらは雅俊さんとどっこいかと。

子供番組の歌手は専門職って感じで、また扱いが別ですね。
その中では誰が一番多いかな。
堀江美都子さんあたりでしょうか。
2014/04/04(金) 07:22:25 | URL | ごいんきょ
ああ、すいません。
あくまでも昭和時代、アナログ音盤という縛りで考えての話です。
2014/04/06(日) 15:58:05 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ