私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



現代の顔 (1958)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、トーク番組の歴史に迫る、この番組です。





古のテレビ番組制作を今に伝える伝統工芸番組、徹子の部屋(笑)。
一応はVTR収録であるものの、往時のように、基本的に編集はしない撮って出し。
でも、昔は、みんな生だったのですからね。
生時代のこのようなトーク番組、当時で言えばインタビュー番組ですか、
は、凄まじい力量を要求される仕事だった訳です。
今みたく、ちょっと失礼な事を言っても笑いで済ませられる時代ではないですし。
ま、最近はインターネットという対抗勢力が出てきたので、
少しは緊張感を持ってやらないといけなくなってきてますでしょうか。

こうしたトーク番組、今でこそ予算もかからないし、むしろ主流とも言えますが、
テレビの黎明期は、そんな訳ですから、どちらかと言えば少ない部類でした。
本当の最初期に目立ったインタビュー番組が、時のKRテレビ(TBS)の、
『日本の百人』でしょうか。
これはその名の通り、日本の百人にインタビューしたもの(笑)。
どんな人物が出演したかと言えば、政治家なら岸信介とか、東大総長の茅誠司、
作家吉川英治や、女優杉村春子といった各界の実力者たち。
カメラは常にアップで、厳しい質問が出た時の表情の変化を逃さなかったといいます。

これ、再放送もされているんです。それも、TBSがVTRを購入する前に。
という事は、おそらくフィルム撮りのはずなんですよね。
ぜひ見つけ出して、CS等で公開すべき文化資料だと思います。
さて、その100人が終わっても、好評で続けたかったんでしょうね(笑)。
次は『日本のホープ』という題になり、同じ様な番組をやりました。
更に題が替わったのが、この『現代の顔』という事のようです。
ただ、放送時間は違っており、この『現代の顔』は、
平日朝の5分間帯番組だったのでした。

インタビュアーは、沢弘三。
あまり聞かない名なのも当然、この番組のプロデューサーであります。
まるで12チャンネル特番で明かされた、田原総一朗のような(笑)、
制作者自らの体当たり取材。当時と言えども、少数派だったはずです。
しかも、この沢、問題発言を連発した、現在で言えば炎上家だったのです(笑)。
時の大スター、雪村いずみを招いた際には、
「あなたの顔はチンクシャですな」とやってしまった(苦笑)。
どれだけ付き合いが有ったか知りませんが、女性歌手に言う言葉ではないです。

他にも、これから世界に挑戦しようというミス・ユニバース日本代表に、
少し小馬鹿にしていると取られるような言動をしたり、
張本勲には、やたら「朝鮮人」という単語を用いて話を進め、
本人が「べつに誇りとも思っていない、自然だから」といなす始末。
こんな毒舌家だから、さぞかし政治家や財界人には歯に衣着せず発言したかと言えば、
政治家が出た時には同じく政治家がインタビュアーになって、
こんな時にこそ沢がいつものようなズバリ問答をすべきではなかったかと言われ、
日本医師会の喧嘩太郎こと武見太郎が出た時には、
彼の政見放送のような有様で、言いたい事だけを言わせ続けていたという…

ワタクシは実見した訳ではないのですが、これらがその通りなのだとすると、
強きを助け弱きを挫く、真の屑野郎ではないですか。
いずれにしても、あまり感心したインタビュアーではなかった感じなのです。
ただ、出演者の顔触れは、正に現代の顔でした。
そして昭和38年秋、あの、『ミステリー・ゾーン』案内役だった、
ロッド・サーリングが来日、『現代の顔』にも出演したというのです。
ミステリー・ゾーンは日本テレビで放送されましたが、
丁度この時、新作分をTBSで放送するという、番宣も兼ねた出演でした。
提供は、富士電機。後期には、いしだあゆみがCMをやった、
自転車産業振興協会も加わっているようです。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
ニュース番組で
 もちろんTBS系のニュースでですが、著名な人が亡くなったことを伝えるときに参考映像として流れていたのを見たことがあるような…。
 白黒フィルムのアップ映像、たしかにそんな感じでした。
 ちなみに誰のニュースだったかは覚えていませんが…。
 30年代の早朝(朝7時台)は民放、NHKを問わず、ニュースやスポーツニュース、天気予報、海外の話題に加えて、この手のインタビューやミニドキュメント番組(例:NETの「東西南北」)が概ね5~15分単位でずらっと並んでいたようですね。
 時計代わりに用いるには今より都合が良かったかも。
 
2014/04/01(火) 23:57:25 | URL | 北国の人
ほお。言われれば、そんなような。
でも、きちんと通してみたいですね。
文化的価値も高いと思います。
2014/04/05(土) 22:22:04 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ