私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



豹の眼 (1959)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、月光仮面に続くヒーローものであった、この番組です。





♪ 正義のために決然立って 燃える命を滾らせる
  悪を懲らしめ一筋に 苦難の道も怖れない
  ゆくぞジャガー ゆくぞジャガー 出て来いジャガー

月光仮面で名を馳せた宣弘社が、その後番組として放った番組でした。
勿論、提供・武田薬品のタケダアワー。
歌詞の仰々しさがいかにもの昭和三十年代前半という感じですが、
歌詞に「ジャガー」という怪人っぽい名前が出てくる所が新しい。
実際、この番組では悪役のジャガーが、大きく目を惹いたのでした。
ちなみに題名は、『豹の眼』と書いて「ジャガーのめ」と読みます。

物語は大きく二部に別れていて、前半は海外編、後半は日本編と呼ばれますが、
海外編と言っても海外でロケをしたわけではなく、
伊豆大島や鳥取砂丘でロケしたものでした。
けれども、登場人物の描写などで上手く無国籍風味を出していたのです。
清王朝再興を目指す少女・錦華の可憐なチャイナ・ドレス姿が人気を呼びましたが、
これは、童謡歌手の近藤圭子でした。

その愛くるしい姿はアイドル的な人気も呼びましたが、
時の少女たちにも憧れを抱かせていたようです。
勿論、この番組でも挿入歌を歌いましたし、
同じく宣弘社制作の日本テレビ『快傑ハリマオ』でも、同様の活躍をしました。
妻子有る男性との心中未遂で芸能界を離れたとされます。
ロバのパン屋さんとか歌っていたのですね。

この錦華の出で立ちも充分に雰囲気ありましたが、彼女を襲う悪役が、
正体不明の豹頭の男。いや、女かもしれませんが(笑)。
この豹の仮面が、異常によく出来ているんですね。
チャイナ服の錦華が豹頭の男に襲われ、背景が洋上だったりすれば、
絵面だけ見れば、そこはもう無国籍臭ぷんぷん。
伊豆大島という枠を大きく越えた画造りと迫力だったのです。

迎え撃つ正義の使者は、月光仮面に引き続きの大瀬康一。
第一部では彼も豹頭を被り、正義のジャガー対悪のジャガーという、
後の仮面ライダーのような仮面怪人物の元祖とも言える作りでありました。
画造りで工夫して迫力を出していたものの、この宣弘社作品は、
月光仮面の時代から予算が少なくて四苦八苦。
月光仮面では社長の家をスタジオ代わりに供出し(笑)、
当の社長はホテル住まいを余儀なくされたという逸話も。

この番組でも予算を抑えるための工夫は枚挙に暇が無く、
常に五本の脚本をまとめて撮影し、その五本でセットが4つほどで済むようにしたり。
第二部の日本編では、大瀬が一転、純和風の着物姿で「ささりんどう」という
正義の味方となって、悪漢どもと対峙する画造りとなるのでした。
笹りんどうとは家紋の一つで、どうもジンギスカン=源義経伝説に絡んだ話だったようで。
しかし、「笹りんどう」という純和風名の正義の味方も絶後ですね(笑)。
第二部の方も画造りでは目を惹くものが有って、
走る汽車の上で格闘するという、まず今日のテレビでは難しい場面も有りました。

これは、小海線という独立採算の線を見つけて、頼み込んで実際に走らせて貰い、
人間が上に載れる限界という時速25キロまで出して、
その上で俳優達が、実際に格闘をしたというものでした。
当時とは言え、予算さえ有れば、こんな危険を冒す必要は無く、
セットを作るなり、スクリーン・プロセスを使うなり、方法は有った訳です。
方法は有っても金が無かったため(笑)、最も原始的な、
実際にそうした場面を撮るという手段しか無かったわけですが、
それがために迫力としては、望みうる最高の絵面が撮れたという次第でした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
高垣眸
歌詞、“ゆくぞジャガー”ではなく“撃つぞジャガー”ですね。

後に伊藤彦造描く原作挿絵の主人公(紅顔の美少年)を知りましたが、戦前「少年倶楽部」を回し読みして熱くなっていたかつての少年読者達にとって、大瀬康一のモリーは納得できなかったことでしょう。

ところで、原作者の高垣眸は晩年になって「熱血小説 宇宙戦艦ヤマト」(昭和五十四年/オフィス・アカデミー)などというコミカライズ(?)作品を書いているのですが、この本の内容の件は置いといて……問題は、その本の後記(以下引用)です。

 私は以前ある放送局でこんな質問を受けた。
 「貴方の作品がテレビ化されたのを見て、どんなに思われますか?」
 「へえッ、これは面白い。この次はどうなるんだろう? あの人物は何者なのだ? と、びっくりしながら見てますよ。後で薄っぺらな紙包みを受けとって見ると「原作料」と書いてあるけど、これはきっと“名誉毀損料”の書き違いではないかと思ってます。はゝゝゝ」
 これが生放送だったので局も困ったらしい。

(引用終わり)
これって……「豹の眼」のこと?
2014/04/04(金) 23:39:38 | URL | esme
歌詞は、「討つぞジャガー」なんでしょうね。
書いた後に気付いてはいたのですが、歌詞はいい加減に済ませるサイトなので(笑)。

どうなんだろう。
快傑黒頭巾とかまぼろし城もテレビ化されましたが。
この番組は健闘していたと思いますけどねえ。
まあ原作者からすれば、映像化に不満を持つというのは、
常に付きまとう悩みでしょうけど。
2014/04/05(土) 22:36:59 | URL | ごいんきょ
誤記
すみません。

× コミカライズ
○ ノベライズ

・・・でしたorz
2014/04/06(日) 10:43:35 | URL | esme
受け入れがたい番組
まず、自分が見ていたのは後半のほうだということがわかりました。
「ささりんどう」、白い着物に白頭巾、それでいて刀も持っているわけでもなくほぼ丸腰状態。(予算の関係だったんですね) 設定、現代劇にいくらなんでもこれはいただけないでしょう。おまけに、敵キャラの方がはるかにかっこよかった。さすがの私もこれは受け入れ難く、1回か2回みてやめてしまいました。
2014/06/14(土) 12:52:13 | URL | みのモンタナ
ささりんどう、今の目で見たらいいですけどね~。
ヒーローの名前が笹りんどう(笑)。
ま、この番組が原作者の意に沿わなかった可能性は高そうですね。
おそらく笹りんどうは原作には出ないのだろうし(笑)。
2014/06/15(日) 20:25:06 | URL | ごいんきょ
悪役たち 中でもジャガー役の天津敏
さんが 凄みがあり またこの作品が
デビューと思われる 殺し屋ジョー
役の牧冬吉さんも 良かったです。
それから香港陳役の大友純さん、
もうこの人が登場すると どのような
ドラマでも陰湿な雰囲気に なります
(笑)。

それから錦華さんの老従僕役の
高塔正康さんは月光仮面などでも
おなじみの形ですが どうやら
声優としても一流で
「エイトマン」のデーモン博士
も高塔さん です。

総じて悪役 脇役に魅力の多い
作品ですな。
2015/07/24(金) 08:42:21 | URL | しんいちろう
天津敏さんは、映画華やかなりし頃の空気で無ければ出て来ないであろう、
巨きな存在感ある悪役でした。
隠密剣士で良い者として売れる牧さんも、最初は悪役だったんですよね。

高塔さん、そう言えばエイトマンで声も演ってたんですよね。
2015/07/26(日) 07:42:26 | URL | ごいんきょ
関根つとむさんが
はじめましてm(_ _)m
わたしは昭和40年生まれで
視聴世代ではないのですが、
以前テレビ探偵団か何かで見た話を。

関根つとむさんがこの番組を見ていたそうで
その話を熱く語っていた・・・と思うのですが、
番組名を「笹りんどう」だと思い込んでいた様子。
VTRでオープニングの「豹の眼」のタイトルを見て
首を傾げておられました。

ヒーローの名前以外のタイトルは
当時としても珍しかったんでしょうか(^◇^;)
2017/01/01(日) 22:48:43 | URL | いちやん
笹りんどうは後から知った。
原色怪獣怪人大百科みたいな本で
第一部のスチールを見て、視てみたいなと思ってますが、いまだに第一部は第一話しか視聴できていません。
 笹りんどうはテレビ探偵団で初めて知りました、それ故にこの手の番組は全話見るまで、知ったかぶりではしゃべらない方がいいと思っています。。
 父親は原作を少年倶楽部連載時に読んでいたそうです。 
2017/01/05(木) 00:12:37 | URL | ななし
● いちやんさん
はいはい。
その話は、他ならぬ『テレビ探偵団』スレでワタクシも語りました。
真実を知る事が出来た関根さん、「出て良かった~」としみじみ語ってました(笑)。


● ななしさん
笹りんどうが載っていた本なんか有るんですか。
残念ながらこの番組は、紛失話数が有るので、もう全話視聴は叶いません。

そうでなくとも、一話しか見なかった人でも想い出は遠慮なく語って下さい。
漫画の話でも構いませんよ。
2017/01/05(木) 20:16:18 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ