私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



琴姫七変化 (1960)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、テレビ時代劇女優の嚆矢を振り返る、この番組です。





おそらくテレビ史上初の、女性主役活劇。
それが、この琴姫七変化かと思われます。
徳川将軍家斉の末娘でありながら、城内の窮屈な生活に嫌気が差し、
自由を求めて市井へ飛び出した琴姫様の冒険活劇譚。
奥州・伊達による徳川打倒の野望と凛々しく対峙しつつ、
柳生大三郎にほのかな恋心を寄せ、角兵衛獅子の兄弟という援軍も得て、
悪を蹴散らしていくお姫様の行状記。
主演・琴姫様に松山容子、相手役の柳生大三郎に秋葉浩介。

松山生まれの松山容子は、テレビ時代劇女優という、ほとんど他に例が無いのではないか
といった感じの独特な活躍をした女優でしたが、これはその端緒。
彼女が次々繰り出す艶やかな七変化と華麗なる殺陣は、
大いに視聴者を魅了し、丸二年もの長期放送となったのでした。
提供は大塚製薬で、あの『頓馬天狗』の後番組。
頓馬天狗の崑ちゃんも、その後も長く大塚のCMタレントとして活躍しましたが、
この松山容子も、ボンカレーの箱にどれだけ長く印刷されていたか(笑)。
さすが浪花節を愛好した社長と思いますが、良き時代ではありました。

刀のみならず、時には長刀まで持ち出す琴姫様の太刀捌きに、
大抵の悪漢はたじろぐ訳ですが、中には一人では難儀する連中もおります。
そういう時に颯爽と登場する助太刀が、柳生大三郎でありました。
そして最後の2クールでは、マンネリ打破のためか、新たな人物が登場。
大阪と東京で公募した三千人から、十七歳の女子高校生が選ばれたのでした。
父を原爆で亡くした広島被爆者で、この番組の後、
高校を卒業してから日本コロムビアで歌手デビュー。
昭和42年に新宿ブルースをヒットさせたその人こそ、
乗松ひろみ、その後の扇ひろ子でありました。

放送終了後も人気は高く、昭和38年に局を跨いでフジテレビが再放映。
また人気が再燃し、浅草座での舞台公演が行われました。
スカートを一枚も持っていないと公言していた彼女は、
着物姿での活劇に自身の役割を見出し、その後も日本テレビ『柔』等を挟み、
NET『旅がらすくれないお仙』で、前番組から倍増させる20%超の視聴率を稼ぐ活躍。
更に子供向けの番組『めくらのお市』でも、琴姫様やお仙と同様の、
着物での立ち回りで活躍と、貴重な役割を演じ通したのであります。
そのお市の放送前撮影中と思いますが、お市、そしてお仙の原作者である
棚下照生と結ばれ、御転婆娘の姿もお役御免となったのでありました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
琴姫七変化なつかしい そよ風道中何故か東海ラジオにレコードがないそうな アマゾンでは売ってますよね
2014/04/28(月) 10:19:59 | URL | 桃ちさんだゆう
レコードはなかなか貴重品でしょうね。
お持ちの方がいらしたら、ぜひ適価で譲って戴きたい(笑)。

アマゾンには無いでしょう。
CD化されている何かの全集の中の一曲でしょうね。
2014/04/29(火) 03:52:35 | URL | ごいんきょ
また、お礼
いやー、またまた、お礼です。後番組だったんですね。「とんま天狗」を思い出そうとすると、「琴姫七変化」が思い出されるのは当然の流れなんですね。
松山容子さん、おきれいでした。特に姫の格好のときがよかったですね。でも主人公が女であるということに強い違和感を感じていた小学校低学年生は「好きだ」とは口が裂けても言えませんでした。
今でも田舎に行くと木造の家に松山さんがボンカレーをもったスチール看板が錆ながらもついているのは、日本中どこでも見られる光景なのでしょうか。
2014/06/14(土) 00:35:08 | URL | みのモンタナ
「無礼をすると、許しませぬぞ」という決め文句で立ち回るお姫様でした。
あの凜々しさ、女性ファンも多かったのではと思います。

ああいうホーロー看板も、平成直後くらいまではよく見かけましたけど、
鑑定団とかお宝現象の影響ですっかり見なくなりました。
2014/06/14(土) 06:09:15 | URL | ごいんきょ
女剣戟物の代表作
新選組始末記に続いてコメントさせていただきます。私もこの松山容子さんの琴姫は初回からリアルタイムで見ておりました。女性が男装してチャンバラをするのはよく出てきますが、それが主役となると案外少ないですね。この時代のテレビ時代劇ではこの琴姫と同じ松山さんの「月姫峠」、「霧姫さま」がメジャーでしょうね。あまり知られていませんが、宝塚映画が製作した「真田三銃士」(昭和37年~38年)というのも欠かさず見てました。こちらは松山容子さんほど派手な殺陣じゃなかったですが、当時宝塚歌劇の新人安芸ひろみさんが真田百合姫に扮して男装で鉄砲をバンバンと撃っておられました。もう一度見たいです。少年の頃の高峰圭二さんや頭師孝雄さんも三銃士の一員で出演しておられていました。
2015/01/21(水) 23:33:52 | URL | ジロー
初回からご覧の方が来て下さるとは。
おそらく『とんま天狗』から続けて見ていたのでしょうね。

『真田三銃士』、ほとんど幻と申しますか、
資料も皆無ならネット上の記述も、ほぼ皆無。
『ウルトラマンA』の高峰圭二さんが出演していたという話だけですね。
ご存知の事を、余さず聞きたいです(笑)。
2015/01/25(日) 06:50:55 | URL | ごいんきょ
真田三銃士について
ご丁寧に返事をお書きいただき恐縮です。このタグに語っていいかどうかわかりませんでしたが、「真田三銃士」について語れるところがありませんので、つい語ってしまいました。そこで真田三銃士というのはどういうテレビ映画だったか簡単にお話します。製作は関西テレビ=宝塚映画製作所で昭和37年10月~38年3月の放送でした。その当時のテレビ欄の資料を見ると金曜の6時15分から45分までとなっています。私の記憶では確か夕方5時頃に見た覚えがあるのですが、ひょっとしたら後の再放送の記憶が残っているのかもしれません。出演は真田幸村の遺児百合姫に安芸ひろみ、猿飛佐助に高峰圭二、三好清海入道に頭師孝雄、穴山小助に頭師満(頭師孝雄の実弟)。筋立ては江戸時代初期徳川幕府の圧政に苦しむ人々を助けるため諸国を真田百合姫が猿飛佐助、三好清海、穴山小助の3人を従えて巡るという話です。真田百合姫は普段は旅の武家娘姿ですが、立ち回りの場面になると男装の若侍に変身してピストル片手に戦っていました。時には馬にも乗っていた記憶があります。はるか昔の記憶ですので、詳細は覚えていませんがとにかく主演の安芸ひろみさんというのは長身できれいな方で男装の若侍姿がとても似合っていました。もう一度見たいですが、この時代の宝塚テレビ映画のフィルムはもう後身の宝塚映像にもないそうです。
2015/01/27(火) 23:22:58 | URL | ジロー
いやー、助かります。
こういう、他に知っている人が少ないような事は、
遠慮しないでどんどん書き残して戴きたいです。
前はコメント欄では勿体ないとか言っていたのですが、
とにかく残せる時に残せるだけ残さないといけない事も多いのだと思い至りましたので。
2015/02/01(日) 05:33:36 | URL | ごいんきょ
月姫峠の石倉英彦さん
 琴姫と同じ松山容子さん主演の女侍物「月姫峠」のDVDが発売されましたね。月姫は琴姫ほど放送当時は見ていなかったです。数回見たくらいの記憶しかありませんでした。だから松山容子さんの他には誰が出演されていたのか全く覚えていませんでした。購入して見てみると当時の日本電映のテレビ映画に出ていた人がほとんど登場していました。中でも少年時代の石倉英彦さんが月姫の家来として重要な役で出ておられるのが懐かしかったです。この人はこの月姫より3年くらい後に「明治天皇」で若き天皇を演じられて当時話題になったのですよ。後年はほとんど悪役・端役に徹しておられますが・・・・。
2015/02/14(土) 02:15:48 | URL | ジロー
琴姫さまも月姫さまも、近年はCSでも放送されるようになりました。
月姫さまの方は、子供を楽しませる要素が少なく感じますね。
明治天皇は、日本テレビが大々的に宣伝してましたけど、
空回りに終わったようですね。
2015/05/06(水) 12:34:21 | URL | ごいんきょ
主題歌など
何よりもタイトル・ソング、特に歌詞が秀逸。1番冒頭の「花を摘む手に刀が似合う 城の雀がそう言うた」だけでもう、視聴者をすべて掴んでしまう手練。「どこへお行きゃる 琴姫さんよ」など、古い御殿言葉を巧みに取り入れた飄々とした面白さで、この番組のコンセプトを無駄なく伝えていましたな。主題歌とはこうあるべきという手本でしょう。

この「そよ風道中」、私事になりますが、明治中期生まれの亡祖父がやたらに気に入っていて、何かというと口ずさんでいました。士族の出だった彼は、恐らくですが、孫のような年ばえの松山容子に、幼いころ聞かされていた真正純血種の「お姫さま」の面影をはっきりと見ていたのでしょう。まあもっとも、その姫君がやっていることは無茶苦茶、荒唐無稽もいいところですが。実際今思っても、あの凛々しく美しい立ち居振る舞い。あれが「人間の女」のスタンダードだった昔からすると、今巷間に跋扈跳梁している、「女性」と称している代物はいったいどこの惑星の産だと(笑)。あれから100年と経ったわけでもないのですが。

「明治天皇」はたった5か月で打ち切られたもので、放送も夜9時から10時までと、よい子が決して見てはならない時間帯ながら、なぜかしっかり覚えています。特にあの「よ~も~の~う~みィ~、み~な~は~ら~か~ら~とォ~、お~も~う~よ~にィ~」という祝詞のような主題歌(?)。聴いているだけで気が滅入ってきて目が冴えてしまったものです。
2016/07/08(金) 11:10:24 | URL | 権兵衛
昔の詞って、やはり格調が有りますね(笑)。

今も真底は女性の人は当然いるのでしょうが、やはり周りから浮くのを怖がるでしょうからね。
とにかく言葉が汚くて知性の欠片も無いのが最悪です。

『明治天皇』は、日テレの思い入れのわりに大空振りに終わったのですが、
こんなに覚えてくれている人がいるとは制作者も報われる思いでしょう(笑)。
2016/07/17(日) 21:04:22 | URL | ごいんきょ
う~ん、主題歌ねえ
琴姫さまの主題歌って、「お琴はいやじゃ」、なんとかかんとかで、「とんびがくるりと輪をかいた」って思っていました。「花を摘む手に・・」は、シリーズの後半ごろから、替わって耳にしたような記憶があります。最初の歌のほうが、テンポが良くて好きでした。番組の最初に流れていたと思うんだけどなあ・・。
2017/02/14(火) 16:33:19 | URL | よん
琴姫様の主題歌が途中で変わったという話は初耳ですね。
昭和36年9月には、間違い無く花村菊江さんが歌う主題歌なのですが。
その前に違う主題歌だったか、ご記憶の方が居らしたら情報下さい。
2017/02/19(日) 13:06:51 | URL | ごいんきょ
とんびがくるりと
ひょっとして、三橋美智也の「夕焼けとんび」(1958)のご記憶違いかと。メロディが似ていますので。

 夕焼け空が真っ赤っか
 とんびがくるりと輪を描いた
 ホーイのホイ (以下略)

現在、You-tubeにオリジナルがアップされています。
2017/02/19(日) 13:21:17 | URL | 権兵衛
エンディング主題歌
「お琴はいやじゃ」ではなく「お伴はいやじゃ」ですね。
2017/02/19(日) 18:24:51 | URL | さざんくろす
主題歌
いろいろ教えて頂き、ありがとうございます。調べていたら「遊星王子の青春歌謡つれづれ」(http://blog.livedoor.jp/yousayplanet/archives/2012-11-02.html)というブログに、主題歌について記載されていました。「お琴はいやじゃ」で間違いないようですが、後半の歌詞は違ったような気がします。やっぱり、私の記憶する歌は、エンディングで流れていたのですかねえ。
2017/02/24(金) 13:41:28 | URL | よん
うーん、本当だ。
どうも初期主題歌が有ったらしいですね。
しかも上手くした事に、と言うか、悪い事に(笑)、
その初期版のフィルムが行方不明っぽいという……

遅くとも昭和36年9月の時点で花村菊江さんの主題歌になっていますが、
それ以前は小宮山幸子さんが歌うものだったのでしょう。

歌詞については、開始時が一番、終了時が二番三番というような流し方をするものも有りましたね。
2017/02/26(日) 20:08:07 | URL | ごいんきょ
新参者より失礼致します
拝啓 皆様方の記憶と知識に大変勉強させて頂いております。知っている事のみお話させて頂きます(なおこのスレッド内に宝塚映画関連のお話もあり、ぜひ話させて下さい)
まずこの「琴姫七変化」のフィルムですが、以前35年以上前に「日本電波映画=大和企画=大和新社」に問い合わせました所、当時は何とか存在していたものの、何の返答も無く、困っていたが所某より「A興業のS氏」を紹介され、早速ドしつこいインタビューを開始し、何と社長S氏のご自宅の電話番号まで知る事となり、「風邪ひいて寝てるから今度にしろっ」と怒られたり、、、しかし取材した結果はかなりの成果でした。まず日本電映作品のほとんどは、このA興業に残されている事が解りました少なくても当時は。但し驚く様な話として「琴姫七変化の元ネガをスペインに輸出貸与したら、そっくり紛失した」と。としたら現在時々放映されている琴姫は、プリントのみと推測されますね。此処はこのほか「宇宙Gメン、アゴン、ジャングルプリンス」他更に「天馬天兵、矢車剣之助」等のフィルムも持っていたはずなのです。当時S氏は「そんなに映像が欲しければせめて一作品5本位の注文があれば、個人的にテレシネしても良いが」との驚くべき回答。しかしやはり1本あたりの価格が相当に高く、断念しましたね。この当時自社にテレシネを入れる計画や、世界三大方式VTR=パル、セカム、NTSC変換=当時はビクターの50万円するデッキと専用テレビも必要だった を入れる予定だったとか。この辺の話は当時「pプロの鷺巣社長」あたりからもこのS氏の話をよく聞いておりましたから。非常に力のある人物だった様です。再放送が行われた際には本当に嬉しく、感涙にむせびました。 なお「宝塚映画関連」のお話がありましたが、実は当時この宝塚映画製作所の重役様と親しく、何かと本当にお世話になりました。いまだ年賀状等続いておりますが、この当時の自分のしつこい取材にたいして「当時のフィルムは、プリントは既に処分したが、元ネガは間違い無く保存してある」との回答がありました(宝塚映像になってからも)
更に驚くのは「音楽テープさえ保管」されていたのです。しかも伴奏は今をときめく「宝塚歌劇団オーケストラ」なのですよ。当時から「竜巻小天狗=実に3つの異なるテーマ曲在り 天兵童子 ピカ助捕り物帳」等が素晴らしい主題歌として記憶に残ります。なお竜巻小天狗のBGM等聴いた人、記憶にある人等はまずいない?と思われます。今は昔 当時は本当に良い時代でした。敬具
2017/04/21(金) 13:53:22 | URL | よしたかくん
琴姫七変化は字ネガが存在していないようですが、それもスペインに行っちゃってるのかな。
下手したら日本に有ったよりも保存されている可能性が高そうですが(笑)、
これも発掘する人がいないとなんともなりませんね。

宝塚映画も、未発掘映像の宝庫ですよねえ。
開局当時のファミリー劇場が、幾つか発掘してくれて嬉しかったけど。
白黒時代の物とか、まだワンサカ残ってますね。
2017/05/03(水) 16:35:32 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ