私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



かわら版太平記 (1959)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、日本のエンターテイナー江利チエミのテレビ初固定枠である、この番組です。





フジテレビ開局3ヶ月ほどの、本当に黎明期に始まった時代劇で、
正式題は『チエミのかわら版太平記』と言いました。
当時NHKで注目を浴びていた『事件記者』の髷物版を狙ったもので、
主演には、歌手としても喜劇映画でも大スターとなっていた、江利チエミ。
彼女が瓦版の版元の娘・千恵に扮し、事件を追って江戸を駆けるというもの。
当時のドラマではよくあった形で、概ね前後編二週にわたって放送し、
第一回は怪盗稲葉小僧を扱った内容で、千恵が大坂から来た青年に心惹かれるも、
その青年は実は、近頃市中を騒がす稲葉小僧だったという内容かと思います。

なにしろ当時は映画会社による俳優の締め付けが厳しく、
フジテレビは親会社に松竹・東宝・大映が顔を連ねていたため、
この辺に風穴を開けてくれるかと期待もされたものですが、
せいぜいが番宣でスター千一夜への出演が実現したくらいで、
相変わらず、演技者としての出演には非常に高い垣根が有りました。
更にテレビ局として最後発だったため、新劇・歌舞伎などの舞台俳優も、
めぼしい所はTBSやNETなどに専属でやられていたため、
かなり出演者探しには四苦八苦していたのだろうと思います。

最初期の形勢というものは、なかなか覆しがたく、
かなりの長きに渡って、フジテレビはドラマに関しては、TBSに後れを取りました。
その劣勢を補ったのは、落語家を含む、いわゆるお笑いのスターたち。
そして、無名で経験の浅い役者を使う事が可能な、子供向けの番組。
こうして、お笑いと子供向け番組に強いフジテレビの体質が作られたのであります。
テレビが軽んじられた存在から、メディアの中核へと急成長を実現した
昭和三十年代を探るという事は、正に、テレビの歴史を訪ねるという事なのです。
あまりに資料が少ないために、ほとんどの存在がここから逃げていてくれたお陰で、
今般の当ブログ昭和三十年代特集も、扱うものに事を欠かず、
金の鉱脈を掘り当てたような喜びと楽しみを感じながらやっております。
欲を言えば、当時見ていた方が記憶で補強して下されば、これはもう最強なのですが。

さて、そのような事で歌手である江利チエミに主演という白羽の矢が立ったのは、
昭和34年の5月始めだったと言います。
当時の彼女には、高倉健との結婚により引退するのではという話が、
まことしやかに囁かれており、テレビの固定出演は無し。
なるべく向こうの興味を惹くようにと、制作側は三通りの企画を提示し、
チエミ側にやりたいものが有ればと打診したのだと言います。
第一に、ジャズ・パレード式の華やかな音楽物。
第二に、映画版サザエさん路線のコメディー。
第三に、コメディーではあるが、髷物。

これに対してチエミ側からの回答は、驚きの「髷物企画なら出演の用意アリ」でした。
盟友・美空ひばりもそうでしたけど、本当に芸には貪欲だった人々で、
歌だって彼女らは、ジャズだ流行歌だといった区別無く歌いまくりましたし、
チエミもテネシー・ワルツで一世を風靡した事に甘んじず、「さのさ」だの、
純和風の歌謡にも手を伸ばし、勿論、どれも一級品の歌いこなしだったわけです。
そんな芸への欲と好奇心が垣間見える、初の髷物への挑戦でありました。
そうした向学心は実際の現場にも及び、台詞覚えは誰よりも確実で早かった。
予行の時に芝田新が台詞に詰まろうものなら、チエミがその台詞を口真似で再現するので、
スタジオは爆笑の渦となったという逸話が有ります。

そんな予行を、制作側は必ず、夕方五時半には終えるようにしていたと言います。
これは、チエミの家庭への、ささやかな贈り物。
6時には、夫であった高倉健が、撮影所から帰宅していたのでした。
もっとも、丸一年続いた人気番組、末期の頃にはVTRという物が出現していたようで、
本番はビデオ収録で、真夜中に行われていたというのですね。
「健さん、今ごろ寝てるかしら」と夫を案じていたチエミ、
「誰だろう、ビデオテープなんか発明した奴。
 こんな物が出来たから夜中なんかにやるようになったのよ。
 これを発明した人、きっと独身者ね」と、些か八つ当たり気味の愚痴をこぼしたとか。

そんなチエミの最大のファン層は、どうしたって、やはり歌手・江利チエミのファン。
この番組で彼女が歌わないものなら、たちまち山と投書が来たと言います。
「チエミを使っていながら歌わせないとは怪しからん」。
けれども制作側としては、そしておそらくチエミ側もだったのでしょうが、
新たな一面を開発したいと臨んでの髷物出演。
そこで洋物の持ち歌を歌っては雰囲気も損ねましょうし、
歌の披露を第一とはせず、新しい芸域を広げるのだという意識で作っていたのでした。
そこには、もしかすると、いずれは健さんと映画で共演できるようになったら、
というチエミの女心が有ったのかもしれません。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
東京第3局とされながらも実際の開局はNETにもひと月後れを取った4番手だったフジ
ここにも少し触れている様にフジは東京第3局とされながらも、実際の開局は日本教育テレビ(扱いは東京第4局)にもひと月後れをとった4番目と最後発だったんですよね。
なので例えば演芸関係では先に寄席関係を押さえたNETに負ける事もしばしばだったのは、昭和30年代以前については資料上の知識しか無い私なんかよりも、ごいんきょさんの方が周知だと思います。

ちなみに日本教育テレビがフジよりも先に開局出来た理由や事情については、殆ど文献が無いのですが、東映からの出向者の話で「とにかく教育テレビと言うことで、免許取得後はお役所関係が何かと優遇してくれて、お陰でトントン拍子ですんなり開局までこぎ着けた。」みたいなコメントも残されている様ですね。
2014/04/12(土) 13:18:03 | URL | TXが無いテレビなんて・・・
そうそう。
お笑いタッグマッチの稿で書きましたが、末廣亭はNETに押さえられちゃいましたからね。

なるほど。教育テレビだから協力してくれたというのは判らないでもないですね。
言われてみれば、何故フジの開局が遅れたのかは考えた事が無かったな。
2014/04/13(日) 15:18:43 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ