私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



快傑ゾロ (1961)

該当番組画像募集ZORRO


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、カリフォルニアがまだアメリカでなかった頃の英雄を描く、この番組です。





♪ ゾロ~~~ ヒュヒュッと風を斬る~

時は1820年、所はカリフォルニア。
まだそこはスペイン領であり、厳しい軍政下。
大地主の倅ドン・ディエゴは一計を案じ、普段は金持ちのボンボンとして油断させ、
民衆に事起これば、たちまち黒の帽子に黒覆面、黒マントに身を隠し、
腕に覚えのフェンシングで颯爽と人々の危機を救う、快傑ゾロとして活躍するのでした。
ピストル西部劇全盛の時代、このフェンシングの剣でヒュヒュッとZマークを刻む
ゾロの活躍は、外国ドラマの中でも異彩を放っていたのでした。

元々は、ジョンストン・マッカリーによる小説で、その後アメコミ化・映画化され、
人々に遍く親しまれる英雄となった物語。
テレビ版の制作は、あのディズニーだというのも変わり種。
このゾロには相棒がいて、その名を佐村ご… 失礼、ベルナンドと言いました。
彼は耳が聞こえないという事で周りを油断させるも、それは真っ赤な嘘。
もしかすると歪んで聞こえるくらいだったかは知りませんが、
陰に陽にゾロを補助するのでした。

そして蝙蝠のような存在として、ガルシア軍曹というのがおりました。
小太りの太鼓腹で、オープニングでは服の腹部をZ字にくり抜かれる男。
間の抜けた、故に憎めない人物で、敵からもゾロ側からも利用されてしまう。
このゾロとガルシアの掛け合いが、テレビ版では一つのウリとなっておりました。
演じたのは、ヘンリー・カルヴィンというコメディアン。
彼が登場すれば、たちまち舞台は暗転ならぬ明転。爆笑を巻き起こしました。
ソロを演じたのは、ガイ・ウイリアムス。
特技のフェンシングを見込まれてゾロ役に合格。
映画俳優として成功しようとして、いろいろ辛酸を舐めた末の栄光でした。

昭和38年4月14日放送回からは、ウエストサイド物語でアカデミー助演賞を受けた
リタ・モレノが、ギルバート・ローランドと共にゲスト出演。
ギルバートは山賊の頭目、リタはその頭目に惚れている酒場女で、
4回にわたって出演しておりました。
配役から判るように、まだリタがテレビの端役だった頃のものですね。
日本での放送は昭和36年からでしたが、アメリカでは5年ほど前から放送されていたようで、
少し間隔が空いていたのでこのような現象が見られたのです。

提供は、森永製菓。
裏番組で、これまた子供達に人気を誇っていたポパイは、既述の通り不二家提供。
ここでも、宿敵同種の企業同士による激しい視聴率競争が繰り広げられていたのでした。
この少し前から、森永はチューインガムの宣伝にトリオ・ロス・パンチョスを起用。
彼らが作詞作曲した「チクレ森永」も大いに親しまれましたが、
日本に於ける最初の外人によるコマーシャルだったという話です。
この番組中でも、まだ流れていたかと思われます。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
中学生群像の解決ゼロ
「中学生群像」の一話で、目立ちたいと思った子が「解決ゼロ」を名乗るというのがありました。正体は誰にも明かさず・・・とはいえ学園の正義のために戦うわけではなく、校舎の上の階の窓から「解決ゼロ」と書いた垂れ幕を垂らしたりするぐらいでしたが。当時まだ小学生だった私は、中学生になったら真似してみたいと思・・・っただけでやりませんでした。
 その時に母が、その昔、怪傑ゾロというのがいたのだと教えてくれました。アラン・ドロンの映画が出来るまではしばらく忘れられていたんじゃないでしょうか。説明を聞いても、イメージが「沙漠の魔王」とダブっていました。
 このTVシリーズは見ていません。その後のを見ると、ゾロといえば何と言っても乗馬の技術、とくに二頭並んで走る馬の背の上に立つという決めポーズがあるようですが、昔からお馴染みなんでしょうか。
 放れ駒親方の魁傑はまた字が違いますね。
2014/04/08(火) 20:13:54 | URL | あぶもんもん
怪傑(解決)ゾロゾロ
その昔、「怪傑ゾロゾロ」というゴキブリ取りのCMがあって、怪傑ゾロのスポンサーも大正製薬かと思ったら、まったく関係なかったんですね(もちろん、CMは怪傑ゾロの放送よりずっと後です)。

これは、スポンサーだった縁ではなく、単なるダジャレなんですね。
2014/04/08(火) 21:49:35 | URL | 10000k
● あぶさん
解決ゼロじゃ、何も解決しないって話ですが(笑)。
そうそう。ゾロの愛馬の話も書こうと思っていたのですが、忘れていました (ーー;)
オープニングでは、ローンレンジャーよろしく愛馬ミッドナイト号を嘶かせるゾロが映ります。
このミッドナイト号、ゾロを放送した日本テレビ系の読売新聞社が主催した「アメリカン大サーカス」にて来日しました。


● 10000kさん
ゴキブリゾロゾロって有りましたね。
ちょっと嫌な名前だけど(苦笑)。
2014/04/09(水) 00:04:08 | URL | ごいんきょ
ゾロがぞろぞろ
 「快傑ゾロ」はいろいろな役者が演じている古典ですね。日本でいえば鞍馬天狗みたいなもんでせうか。私個人としては、やはりガイ・ウイリアムス版にいっとう熱中しました(アラン・ドロンもよかったけど)。これってウォルト・ディズニー製作じゃなかったかしらん?主題歌は「ぴかりと光る稲妻に 出たぞ快傑ゾロ 」てな歌いだしでした。スポンサーの森永製菓は当時、ディズニーと提携していたようで、パレードチョコ(マーブルチョコの対抗馬的商品)の応募券をまとめて郵送すると、びっくりバッジ(なんと安易なネーミング)なるものが、もれなくいただけたのです。これは角度を変えると、バッジの顔(ミッキーだのドナルドだの)が変化するというものです。私に送られてきたのは、なんと!「わんわん物語」の主人公のコッカースパニエル(レディちゃんとかいう名前?)だったのです。地味といえば地味。けれども、翌日それを胸に付けて登校したら級友たちが羨望の眼で見られました。小学校一年生のことです。ディズニーの人気は昔からすごかったんですね。
 ひとつ疑問があるのですが、ゾロの忠実な下僕の名前、どなた様か教えてください。この人は、普段ろうあ者のふりをしているのですが、機転がきいて頭がよくてすばしっこくて、ゾロ(というよりドン・ディエゴ)の危機をしばしば救うのです。この人物のテーマ曲ともいうべき楽曲があり、彼がパントマイムよろしく身振り手振りで(動きが実にいい!)話す(?)場面で必ず流れました。結局ろうあ者の振りをしていたはずなのに、ドン・ディエゴと二人っきりの状況でもなぜかろうあ者のままでした。
 名前なんだったかなあ?
2014/12/08(月) 20:23:28 | URL | キンちゃん
まことに失礼しました
 すみません。管理人様。相棒はベルナンドというのですね。ちゃんと最初に書いてくださっているのに見落としていました。他人の意見を無視して自分の言いたいことだけ主張する悪い癖です。内容も、すでに管理人様が書かれていることとかなり重複しています。まことに失礼しました。深くお詫びするものです。申し訳ありませんでした。
2014/12/08(月) 20:28:15 | URL | キンちゃん
そうか。森永とディズニーは関係深かったんですね。
ベルナンドは実態不明という感じですけど、それだけ用心深くしていたという事なんでしょうか。
2014/12/10(水) 19:49:50 | URL | ごいんきょ
ご挨拶
初めてこちらに書込みをさせていただきます。
主題歌覚えてます。

ピカリと光る稲妻に出たぞ快傑ゾロ~
残すそのマークはZ 不気味なZ快傑ゾロ~
ゾロ~ピュピュッと敵を切る ゾロ~ピュピュッとサインはZ
ゾロ~

そんな歌詞でした
2015/08/15(土) 22:44:13 | URL | さざんくろす
ディズニーレコードの歌詞は、そのテレビ版じゃないんですよねえ。
テレビ版は音盤化されなかったのかな。
2015/08/24(月) 03:40:47 | URL | ごいんきょ
ガルシア軍曹
ガイ・ウィリアムズのゾロが格好良かったです。
それに付け加えて毎回、登場する
、おデブさんのガルシア軍曹がなんとも言えないユーモアがありました。
この俳優さんの名前は失念しましたが。
2017/01/07(土) 17:18:43 | URL | えいたん
ディズニー・タレント揃い踏み
思い出した、軍曹のヘンリー・カルヴィン。120キロはあろうかという大デブタレで売った人で、あちゃらでも元々そう知名度はなかったものの、芝居は実にうまく、叩き上げコメディアンとして腕で勝負できた人で、昭和日本で言えば岸井明か千葉信男というところ。ウォルトに見いだされ、「ゾロ」で人気が出たのち、同じくベルナルド役のジーン・シェルドンとコンビで「おもちゃの王国」「サーカス小僧」にも出演していました。特に「おもちゃの王国」(1961)では、二人とも、レイ・ボルジャーの極悪魔術師の間抜けな子分になったのを覚えていますし(シェルドンは「ゾロ」同様、ここでもサイレント=パントマイムで通していました)、カルヴィンはディック・ヴァン・ダイク(「メリー・ポピンズ」のバート)と組んで、TVショーで往年の名コメディ・チーム「ローレル・ハーディ」を再現したこともあります。

吹き替えはゾロが金内吉男、軍曹が愛川欣也だったと思います。ただ、この「ゾロ」、裏番組があの「ポパイ」ですから、今思えばかなり損をしていましたね。やはりどうしても、子供たちの視聴率はポパイ7:ゾロ3というところだったでしょうから。かく言う当方もどちらかというと、ポパイの方を多く見ていました。強いで言えば小学校高学年がゾロ、3年生以下がポパイといったところだったでしょうか。
2017/01/08(日) 05:43:27 | URL | 権兵衛
● えいたんさん
ガルシア軍曹について記事でも触れておりますよ。
やはり記憶に残りやすいでしょうね。


● 権兵衛さん
なんで洋画にまでそんなに詳しいんですか(笑)。
権兵衛さんの引き出しに脱帽です。
ポパイとゾロでは、ポパイの方がそんなに人気が有ったのですか。
視聴率調査もアテにならない時代ですから、生の証言は貴重です。
2017/01/09(月) 18:40:27 | URL | ごいんきょ
吹き替え
ドン・ディエゴは金内吉男
父親が高塔正康
軍曹は小松方正
愛川欽也は伍長
でした。
2017/02/19(日) 17:38:18 | URL | さざんくろす
情報ありがとうございます。
2017/02/26(日) 19:59:12 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ