私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



ママのお荷物 (1956)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、日本式ホームドラマの原点を探る、この番組です。





森光子、京塚昌子、山岡久乃…
ホームドラマの中核を成していたのは、おかあさん女優。
そのテレビでの元祖と言える女優が、轟夕起子でした。
宝塚出身で映画女優として鳴らした彼女も、テレビ開局時には中年の頃合い。
但し、いわゆる映画スターの中では最も初期からテレビと関わり、
日本テレビとの縁は、早くも開局4日目、民放初の本格ドラマと言える、
内村直也による『わたしは約束を守った』に出演した時からというもの。

そんなテレビのごく初期から出てくれた貴重な女優でしたが、ちょっとした悶着も。
昭和30年、NHKが新しく施行される事となった売春防止法に絡んだラジオ番組で、
大部屋の映画女優に発言させ、その女優が、売れている女優には
パトロンの力で仕事を貰っている人がいるといった主旨の、
言ってみればやっかみからの暴露発言をしてしまったのです。
この、売春と女優とを関連づけたかのようなNHKの番組作りに、
時の映画界が大同団結しての猛抗議を行い、一大騒動となったのでした。

映画界は、今後NHKとの一切の関係を断つと完全なる絶縁を宣言し、
分けても女優陣の反発は殊更に凄まじいものが有って、
田中絹代が遺憾の気持ちを表明したり、数十人の女優陣が団結して、
国会議員にまで陳情してみたりと、さながらNHK対映画界の戦争状態に。
そんな女優陣の先頭に立っていた一人が、轟夕起子でした。
もっとも、このあまりの強硬なる映画界の攻撃に恐れをなしたNHKが、
すぐさま収拾を図り、低姿勢に出た事で、事態はわりとすぐに収束したのでした。

そんなこんなが有ってからの昭和31年に始まったのが、この『ママのお荷物』。
おそらく初のおかあさん主役ドラマで、初のおかあさん女優の誉れは、
轟夕起子に冠されて然るべきかと思われます。
田井洋子の原作を、小森静男が脚色。
明るい家庭を描いたホームドラマの原型のような番組で、提供は山之内製薬でした。
テレビ最初期から出演していた轟とは言え、連続ドラマは初経験。
この時に撮影していた映画が、『赤線地帯』というのが(笑)。

内容は、年頃の娘三人と、一度も画展に入選した事の無い画家の亭主、
この4人の「お荷物」を抱えながら、朗らかに強く生きる母親を描くもの。
轟は常々、日常生活に起こる問題と真面目に取り組んだホームドラマが
テレビに欲しいと思っていたとかで、正にやりたかった役柄だと述べました。
おこがましい言い方と断った上で、ホームドラマの試金石になれば
といった思いも語っております。
正しく、これぞ元祖ホームドラマだったのでした。

売れない画家が亭主という事で、家庭はいつも窮乏状態。
加えて、娘三人が思春期で、心配も多いおかあさんであっても、
轟夕起子が優しく明るく、ほのぼのとした雰囲気で飾ったと評され、
しかと確かに、ホームドラマの試金石と成り得たと言えましょう。
相手の旦那役は、生ドラマ時代という事で、
なかなか手の空いている人間が見つからなかったという事ですが、
ようやく五人目にして、文学座の青野平義に決まったのでした。
娘役でしょうが、無名時代の中原美沙緒と姫ゆり子がいたというのも外せません。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ