私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



大番 (1962)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、渥美清の初期活動を振り返る、この番組です。





これは、実在の相場師をモデルとした獅子文六の人気小説を原作とした、
テレビドラマとしては、そう数の無い、証券取引を描いたドラマとなりました。
『大番』はこの時までに、映画や舞台でも成功しており、
映画版では加東大介がその名を高めたのですが、
主役のギューちゃんこと赤羽丑之助を演じたのが、テレビでは渥美清。
渥美は、ストリップ場でありながら関東コメディアンを大挙輩出した、
フランス座で活躍していた一人で、同じくそこで活躍していた、
谷幹一、関敬六とスリー・ポケッツというトリオを結成。
テレビ黎明期に、多少この三人でも出演していたようです。

その少し前、渥美は結核となり、サナトリウムで療養した経験が有ります。
この時に不安定な生活となった渥美を支えたのが、男では仲間たち、
分けても谷と関の二名だったわけで、渥美清が最初に新聞に載ったのは、
この二人が渥美を見舞いに訪れたという、売れないコメディアンの美談記事といいます。
そんな関係の二人に請われてトリオの中核となったものの、
元来それぞれが一本でやっていた者。
しかも渥美には、一人でも絶対に売れるという確信が有りましたし、
実際、他の二名と渥美とでは、誰の目にも大きく差が有ったのでした。

二人の、特に奥方からは恨みがましい眼で見られても、
一人でやってみせるという渥美の意気込みは衰えず、
とうとう半ば一方的な形でトリオ解消。
結構あった仕事が一気に計算できなくなり、他の二人は不安な生活に。
しかし渥美は目論見通り、ここから快進撃を開始するのであります。
その端緒は、NHKの名バラエティー、『夢であいましょう』の固定出演。
そして翌昭和37年に、とうとう主演ドラマをものにしたのが、この番組でした。
番組開始冒頭、いきなり大写しとなった渥美清が挨拶。
「主演のギューちゃんです」。

既に顔と柄が売れていた渥美だけに、この演出は好評だったようです。
渥美が演じた相場師は、四国の寒村出身。
最初はそこから描かれていた立身出世物語で、渥美は方言も好演していたといいます。
当初の時代は昭和初期でしたが、その辺の描写も及第点だったようです。
ただ、時代が進むにつれ、原作では白髪交じりとなっているはずなのに、
あまりにも若いという指摘も出てきました。
その頃合いには、ロイド眼鏡を掛けた役となっていたようです。

地元資産家令嬢の可奈子を、八千草薫が演じました。
開始から二ヶ月ほどした12月5日から、ギューちゃんの愛人おまきさん役として、
森光子が出演。後を思えば豪華な組合せでした。
劇進行を語っていたのが、小沢栄太郎。
これが好評だったのか、彼は翌年に、NHK大河ドラマ第一作の
『花の生涯』でも、劇進行の語りを担当しました。
演技者としての渥美清、最初の成功作はこの作品と言って良く、
当時はかなりの人気作だったようですが、例によって映像が残っていないためでしょう、
いつの間にか人々から忘れ去られ、振り返られない番組となってしまいました。

この番組が成功してからも、『図々しい奴』『赤いダイヤ』といった、
ちょっと特異な押しの強い人物の成功譚が持て囃され、高い人気を獲得しました。
映画でも、同じ頃から植木等の無責任・日本一の男系統が大成功。
昭和30年代後半、東京オリンピックを挟んだ絶頂の高度成長期は、
テレビにも映画にも、底抜けに明るく、希望に充ち満ちた作品が人気を獲得し得た、
世界史的にも非常に稀少な時期だったと言えましょう。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ