私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

なるほど!ザ・ワールド (1981)

なるほど!ザ・ワールド(1981)
昭和40年代はね、ハワイですら、『夢の島』と形容されていたんですよ。
日本の外の国へ旅行するなんて事は、一般人には夢のまた夢。
おそらく一生外国などに行けはしないというのが、ほとんどの日本人でした。
バブル後は、OLすらも外国旅行を気儘に楽しむ時代となりますが、それまでは
せめてそんな夢を叶えてくれるのがテレビ画面の中であったわけで、
米国ドラマで見られるアメリカの様子、各種ドキュメンタリーで紹介される風景…
そんなものによって、知識や欲求の充足感をわずかに得ておりました。
この番組成功の理由は、そんな紀行ドキュメンタリーとクイズバラエティーとを、
初めて融合させたところにあったと言えるでしょう。

司会は愛川欽也と楠田枝里子。
愛川は既に『人生ゲーム Hi&Low』などで司会業も成功していましたが、
日本テレビアナウンサー出身の楠田は、この番組で注目されたと思います。
番組内容は単純明快。毎週ゲスト出題者がいろんな国へ行き、
その場所をいろいろと紹介し歩きながら、ある事柄を問題にして問いかけます。
回答する側は芸能人コンビ4組で、正解すると1段上にいるコンビと
位置を交代して上の段に行き、全問終了後に一番上にいるコンビが優勝。
『な』『る』『ほ』『ど』と書かれた4つのパネルから賞品を選べます。
中に一つは、大したもんじゃないのが入っていたりします。
一番いい賞品が残ると視聴者や会場の人にプレゼントしてたかな。

印象に残る回答者は、谷啓、アグネス・チャン、小野ヤスシ、明石家さんま。
最後の問題はジャンピング・チャンスで、問題は恋人選びがパターンでしたね。
世界中の人間に日本の芸能人8人の写真を見せ、好みを選ばせる。
正解すれば二段階アップでした。
この時に不正解だとその芸能人の写真に×印が付くので
愛川欽也が「はい消えた~」と言うのが、流行語っぽく使われました。
あとは、出題に切り替える時の「なーるほどザ、ワールド」という合言葉。
番組冒頭では、外国の方々がカタコトで、「なルふぉど THE WORLD」
てな感じで何人かがタイトル・コールしてOPスタートでした。

OPでも少しだけ流れるトランプス演奏のテーマソングが、
EDでは更に長い間流され、その耳心地良さが好評を博しました。
提供は旭化成で、サランラップや浜中手芸糸のCMが懐かしいですね。
♪ 旭化成 浜中手芸糸
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
中々スタ千に至らないので
ここで旭化成のcm談義と致そうかな
スタ千の頃とこの頃とではこの番組もかなり続いたので一概には言えないもののこの番組の初期とスタ千末期とはタイムラグゼロであるもののかなり違っていたと記憶している

例えばストッキングのレオナのcmこれはスタ千時代キャンディーズや志雄美悦ちゃんとかがやっていたのだがこれになってからは見た限りでは一度もやってないと記憶している
後はスタ千の時に書こうかな

psこの前クイズグランプリの時にスタ千が終わりこれが始まる年を一年ずれて書いた事をお詫びし訂正致すm(__)m
2006/07/17(月) 22:40:31 | URL | 熱血王  ガッツィンガー
旭火星人です
ん? ストッキングの宣伝を
キャンディーズや志保美悦子さんがやってました?
まったく覚えてないですね。
という事はたしかにこの番組ではやってないでしょうし、
スタ千の末期なんでしょう。
ワタクシはスタ千は末期は観ていなし、この番組はほぼ最初の頃から観てますので。

わかりました。
スター千一夜やりますね(笑)。
2006/07/18(火) 01:14:54 | URL | ごいんきょ
オパンツィー
ストッキングと関係はありません(笑)。
この番組で記憶に残っている問題の一つです。たしか東ヨーロッパの国で野良仕事をする時に女の人が履く木製の靴の名前です。靴の後ろ側のところが、ちょうど靴べらがそのままくっついたみたいに十センチぐらい棒状に伸びている。さてこの棒は何のためにあるのかという問題でした。正解は「立ちションするときにつかまる」。愛川欽也が「この靴の名前を聞けばだいたいわかると思います」と一人で大笑いしていました。

NHK「阿修羅のごとく」で使われた BGM(トルコの行進曲)も、この番組できちんと紹介してくれて、初めて「ヂェッディン・デデン」という題名を知りました。

愛川欽也は藤村俊二だけいつも渾名でおヒョイさんと呼んでいましたが、そういうのは楽屋だけにしてほしいなあと思っていました。

「もしもタヌキが世界にいたら」、可愛かったですね。
2008/07/18(金) 17:40:29 | URL | あぶもんもん
オパンツィーって一応検索してみましたが、ちょっと既述が無いようですね。
おヒョイってのは昭和9年会の人はみんな呼んでました。
巨泉さんも(笑)。
ワタクシは、石坂さんのへいちゃんとか、まったく違和感なく、
むしろ親しみを持って見てましたけどね。
2008/07/29(火) 04:19:08 | URL | ごいんきょ
なーほー ザ ワールド
ファミコンの「桃太郎伝説」というゲームで
町の中でお地蔵さんに話しかけると
「なー ほー ザ ワールド」と答えてくれました。
お地蔵さんは「なるほど・ザ・ワールド」の大ファンだったのです。

私も好きでした。
でも、いつだったかセットが少し変わり
微妙に豪華になってからは、しょちゅう「最近のなるほどはイマイチ」って
言っていたような気がします。

ただ、最後のプレゼントを当てるコーナーの、箱の文字が
「ザワールド」から「なるほど」
に変更された時は、良かったなあと思いました。
「ザワールド」って5文字なのに、4つの箱に割り当てるなんて
無茶すぎですよ(笑)

番組の終わりに「蛇口から温泉が出てくる家」のCMが流れていました。
遊びに来る孫のために、温泉の湯をお風呂にドドドと入れるおじいちゃん
そんな感じの内容だったような…
旭化成が分譲する、北海道白老町の住宅地のCMでした。
もしかしたら、北海道以外では放送されていなかったかも知れません。
2008/08/04(月) 23:39:56 | URL | みゅう
なーほーってのがよくわかりませんが、単に商標の問題なのかな(笑)。
あ。最初の箱は5文字でしたか。
ワールドでいいのに(笑)。

蛇口から温泉が出てくる家…
極楽ですね(笑)。
2008/10/14(火) 00:05:01 | URL | ごいんきょ
オスマントルコの軍楽隊
この番組、初期から最終回まで必ず見てました。
愛川欽也の適当さと楠田枝里子のクドさがちょうどいい具合にあいまって面白かったし。
この番組で益田由美アナがトルコを旅して出会ったオスマントルコ軍楽隊。この軍楽隊の曲が「ジュッディデデン」(父も祖父も)めちゃくちゃいい曲で愛川欽也も「いい曲だなこれ」とコメントしているほど。NHKの阿修羅のごとくのオープニングテーマになった曲でもあります。
この番組以来聴くことがなったのですがついにこの間ようつべでも見つけ,CDも買いました。
2009/03/12(木) 14:14:08 | URL | 緑のおばさん
メヘテルハーネというらしいですね。
オスマントルコという名を聞くと、
くだらん連想ばかりしていた高校時代を思い出します(苦笑)。
2009/03/25(水) 04:24:17 | URL | ごいんきょ
この番組のOPで、番組タイトルロゴの背景になってる歪んだ形の地球地図のアニメーションが出てくるのですが、子供の頃はあれが物凄く怖かったのをよく覚えています(笑)
番組最後の商品選択は「な」「る」「ほ」「ど」のパネル選びと共に、トランプマンも忘れちゃいけませんよね。
トランプマンのやるマジック自体は見事なものの、やたらとトチるのが印象的でした(笑)
「サザエさん(再)」>「火曜ワイドスペシャル」>「なるほど」という流れでよく見てました。
火ワイが「ドリフ大爆笑」になるとほぼこの流れが鉄板ラインでしたね。
2009/04/25(土) 23:18:38 | URL | (ハンドル未記入)
えー。
テレビに関してもいろんなトラウマ話を聞きますが、
あの映像が怖いというのは想像の外でしたね。
トランプマンは結構後になってからですね。
彼、そんなにトチってましたっけ(笑)。
その流れは当時多かったでしょうね。
2009/04/25(土) 23:52:13 | URL | ごいんきょ
ラクダ料理
 丸一頭のラクダの腹に牛を丸ごと詰め、牛の腹に豚一匹を詰め、(中略)最後はニワトリ丸一羽だったかな? を詰めて、地面に掘った穴の中で蒸し焼きにするという、アラブ世界(だったと思う)のご馳走を見た覚えがあります。仕込みから宴会までを追ったドキュメンタリー風でした。
 この番組で見たのたかどうか、あやふやです。もっと地味な番組だった気もします。日曜の朝に、牟田梯三が聞き役(声のみ)でやっていた、世界のあちこちを訪ねる番組(題を忘れました。以前、どこかの記事にインドとトリポリの話をコメントしたような気がするんですが)だったかもしれませんが、それだと私の記憶より古すぎるかなと思い、ここに書かせていただきました。
2014/10/25(土) 14:29:48 | URL | あぶもんもん
すごい豪華だけど、あまり食べたくならない(笑)。
2014/10/26(日) 00:15:59 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。