私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



東京物語 (1961)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、俳優が演出も受け持つ事が出来た往時を振り返る、この番組です。





同じ題名で小津安二郎監督による映画も有りますが、内容はまったく関係ありません。
また、東京という土地が強い役割を持っているとも思えません。
見てはいませんが、この題名にする意義は希薄なように思います。
なのにどうして、わざわざ有名な映画と同じ題名にしたのでしょう。
ワタクシはこういう踏みにじり行為、好きではないのですが。
まあそれは置いておいて、内容を見てみましょう。

東京民放が四局になり、各局競っての番組花盛りとなると、
ドラマ界隈では、当時で言うスリラーものが幅を利かせ始めました。
ま、今で言うサスペンスですね。当時もサスペンスという言葉も使いましたが。
要するに、人が死に、その謎解きや犯人を追い詰める、ハラハラドキドキを売るドラマ。
物語の簡単なコツとして、まず死体を転がせと言った人がおりましたが、
冒頭で人を殺す場面を置けば、ほとんど最強の引きとなるわけで、
競争が激しくなってから、このような番組が増えたのは、或る種当然でした。
そこへこの番組は、一警部の人間的な部分を掘り下げるという、
いわばヒューマニズムを描くのが主体の刑事ドラマでした。

主役は警視庁の腕利き、衣笠警部。演じるは山村聡。
のみならず山村聡は、演出も請け負っておりました。
現在ではまず有り得ない形態でしょうし、当時でも勿論、
そう多く有った例では無いのですが、一時、このような試みも見受けました。
同時期に、佐分利信、望月優子、永井智雄らも演出作が有ります。
但し、勿論ただの素人ではなく、皆なにかしらの経験や素養は有りました。
山村聡で言えば、既に『蟹工船』で映画監督の経験が有りました。

山村聡は「従来のテレビドラマにはあまり見られなかった社会性のあるドラマ」
を目指すという抱負を述べ、スリラーものの氾濫に眉を顰めていた層に期待を抱かせました。
但しタレント演出家には難点も多く、まず第一に、時間が足りないという事。
特に山村聡は主演との兼任のため、収録はいつも遅くなってしまって、
そのため二時間収録を早めたはいいものの、今度は車が混んでて三十分遅刻してしまった。
そこで「今日は三十分早く終わらせます」と言って、みんなから喝采を浴びたという(笑)。
それからやはり、局の人間からは、何もタレントなんかにやらせなくてもという、
縄張り意識のような事も有って、そうした人間関係の難しさも。

衣笠警部は、GHQによる財閥解体の煽りを受けて、巷で巡査から踏み出す事になった身。
更には妻に先立たれ、一種の虚無を纏ったような、影の有る男。
再婚話にも耳を貸さず、ただ一人娘の圭子に愛情の全てを注いでいて、
たまの休暇の日に、祖父の家に預けている圭子と過ごせる事が唯一の楽しみ。
第一回では、その妻が殺されるという事件を回想する話から始まりました。
このドラマで評価された山村は、引き続き同じ日本テレビで、
『松山家の人々』も主演・演出、こちらは脚本までという大車輪の活躍(昭和語)。
さすが東大出のインテリ俳優といった感じでした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ