私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



チロリン村とくるみの木 (1956)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、帯放送人形劇の原点を振り返る、この番組です。





横山道代、里見京子、黒柳徹子。
いずれも初期のテレビで大活躍をする電波の寵児でありましたが、
その端緒はラジオ番組『ヤン坊ニン坊トン坊』での
あどけない子供役が大人気となった事。
NHKとしては、このドル箱とも言える存在に、
新しい媒体であるテレビの方を引っ張って貰おうとしたのでしょう。
テレビ人形劇であるこの番組に、三人がそのまま出演。
目論見通り、こちらも大人気となりました。

元々は、劇団やまいもの小澤鉄造が『チボリーノの冒険』を人形劇でやりたがったと。
ただそれは、玉ねぎのお父さんが牢屋に入れられて… といった話のため、
あまりテレビの子供向けに相応しくないと判断されたのでしょう。
それで、野菜と果物の対抗といった、最終的な形になったわけです。
チボリーノの冒険の作者は、イタリア共産党員。
そうした話を下敷きにした『チロリン村』も、地面に育つ野菜がプロレタリアート、
木の上で育つ果物がブルジョワジーといった観点から描かれていたのです。

日本の戦後演劇界は、全体として非常に左翼色が強かった。
そしてそうした傾向は、子供を対象とした人形劇団にも色濃く有りました。
人形劇は直接的に主題を表現しても抵抗感を与えないという確信のもと、
この『チロリン村』が制作されていたのは間違い無いでしょう。
ただ、そこで表現された主題とは、決して『共産党万歳!』ではなく(笑)、
大人の世界は馬鹿馬鹿しい争いをしているが、子供の世界ではそんな話は関係無く、
野菜も果物も仲良く暮らしていけるのだ、という戦争否定だったかと思います。

主な登場人物は、孤児でカボチャの養女・ピーナツのピー子(黒柳徹子)、
玉ねぎの一人息子・トンペイ(横山道代→島田妙子)、
クルミのガンコの孫娘・クル子(里見京子)、いたちのプースケ(一竜斎貞鳳)等々。
多士済々たる登場人物を、これまた多士済々たる面々が演じました。
特に帯放送となってからは、日本薄謝協会と揶揄されたNHKの謝礼も(笑)、
五本分まとめて貰えると馬鹿にならない金額になったとかで、
一気に有名人が出るようになったといいます(笑)。
いたちのプースケは意地悪ばかりするため、貞鳳の所に子供達から、
どうして意地悪ばかりするのと手紙が来て困っていたようです(笑)。

ただこの番組、子供には人気だったし、親にも概ね好評だったと思いますが、
劇中で使われるチロリン語には、親の一部に強い拒否反応が有りました。
「~だわさ」という乱れた日本語、「コンキリプー」という訳の分からない言葉(笑)。
こうした拒否反応には一際過敏に反応する皆様のNHKですから(笑)、
子供達や母親達に、チロリン語をどう思うかアンケートも実施してますね。
子供達は「使ってはいけないが面白い」という回答だったとありますが、
母親の回答は、時のNHK年鑑には載っておりません。載せられなかったか(笑)。

この番組の終了は、突然だったと言われます。
発端は、長崎の十八銀行が「トンクルピー」というチロリン村の景品を作った事。
今と違い(笑)、商品化展開などまったく考慮していない頃のNHKに、
商品が手に入らない事への八つ当たりとしか思えない苦情が(笑)。
元々、公共放送で民間企業に資する事があってはならないわけですから、
恐れをなしたNHKは、急遽番組を終わらせてしまったというのです。
後番組には『ひょっこりひょうたん島』が始まり、こちらも大人気を呼びました。

そんな事情で旧作の関係者には、まだ燃え切らない思いと、
何よりも、この番組に対する深い愛着が有ったのでしょう。
二年ほど経ってから、局を跨いだフジテレビで『おーい!チロリン村だよ』
という番組として、出演者と人形劇団を引き継いで続編を制作。
ただこちらは、関係者の期待ほどの人気を呼ばず、早々に撤退となりました。
そのように、人形劇団側と声の出演者側の信頼関係が有ったのですね。

この番組の途中からですか、前もって吹き込まれた音声に、
人形側が動きを合わせるようになりました。
人形操演側としては、勿論、動かしている自分が台詞を言う事が最も自然なわけで、
この辺に関しての劇団側の不満は、後々の番組で益々大きくなるのでした。
この番組では、あらかじめ操演側と声優が、ここをこう動かしたいとかの
事前の打ち合わせを密に行うという手間を掛けており、
それが信頼関係に繋がっていたのでした。

自分達で演じる事が出来なくなった人形劇団の人々は、
元々がかなりの薄謝でやらされていた事も有り、
ごくごく初期には良い物を沢山の子供達にという熱情でやっていたものが、
段々と憤懣やるせなくなり、一人抜け二人抜け、
今ではもう、大きい所では、テレビと関わろうという所は無いのではないでしょうか。
そんな操演側の一人に小野寺昭がいたというのも、
今ではけっこう多くで語られている話となっております。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
チロリン村終了の事情が分かりました
次番組のひょっこりひょうたん島が特定郵便局会からの抗議で延長取り消しの形で終了したとの話は今現在はwikiにも書かれている話ですけど、チロリン村も似たような事情での放送終了だったんですねえ(溜息)。
かなり後年にアニメの「チロリン村物語」としてリメイクされ、それなりの評判を呼びましたけど、観ていた親御さんもそのアニメが往年の人形劇のリメイクと気付いていた人はどの位居たのだろう?とふと思ったりしたものです。


イタリア共産党についてですけど、西側世界最強の共産党組織として、常に30%前後の議席を確保する万年2位野党(つうか共産党に政権を握らせない為に、保守系のキリスト教民主党から社会党までの非共産系政党で組織する野合政権を組んで、1〜2年程度で首相の座を連立与党内で、たらい回ししていた(笑)。(そんな点から自民党が恒久的与党ながら毎年のように首相が替わる日本と比較対象されていたり))の時期が長らく続きましたけど、旧ソ連崩壊(もっともイタリア共産党自身は早くから議会制民主義下での政権獲得、旧ソ連との対決姿勢並びに西側諸国との連携等と独自路線(いわゆるユーロコミュニズム)を打ち出していましたけど)と直接的には小選挙区導入を受けて、共産主義放棄を選択し、キリスト教民主党出身の保守系議員の一部まで取り込んだ民主党へと変貌し、現在では政権に関わったり、現在、大統領職を旧共産党出身者が務めたりと嘗ての共産党色が薄れた(薄れてしまったとも)所謂リベラル系政党となっていますね。
2014/04/20(日) 11:36:43 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
打ち切りに関する話は、志賀信夫氏の「テレビ番組事始」に拠ります。
黎明期のテレビを知るには欠かせない一冊の一つですね。

ひょうたん島はわりと振り返られますが、比べるとチロリン村は希薄ですね。
やはり視聴世帯数が激増した後の番組は、今でも生命力が強いです。

日本共産党は、いつまでも頑固に頑張って欲しいですね(笑)。
決して政権を狙って阿ったりしないで、確かな野党でいて欲しいものです。
2014/04/20(日) 23:22:57 | URL | ごいんきょ
里見京子さん
以前、里見京子さんが「チロリン村とくるみの木」の思い出を書かれていたものを読んだことがあります。
録音になっても編集ができず、1週間分のドラマと歌を1日で収録していたそうです。
脚本の出来上がりが遅れると、宇野誠一郎さんが徹夜で作曲し、音楽の収録の最中に次の曲が出来上がることもあったとか。
よい作品を作ろうという意識が全員にあったので、徹夜の収録も苦にならなかったと書かれていました。

里見京子さんといえば、「ブーフーウー」の進行役のお姉さんの記憶があります。
ブーフーウーたちが「おねえさん」ではなくて「里見さん」と呼んでいたような気がします。
「サトミさん」は下のお名前だと思って聞いていたのですが、さん付けで呼ぶのがちょっと素敵だなぁと感じてました。

「チロリン村」は観た記憶がありませんが、家には「チロリン村とくるみの木」のまんが本がありました。
大切にとっておけばよかったなぁと今更ながら思います。
2014/04/22(火) 21:10:19 | URL | モデラート
編集が出来ないという事は、ディスク録音の時代かな。
消しようも無いので、結果的に、当時の貴重な音源も残っていたりするんですよね。

生時代は、その場で音楽というのは、それほど珍しくなかったようですね。
むしろ、予め用意してある音を場面に応じて臨機応変に出す方が難しかったでしょうから。

ああ。ブーフーウーのお姉さんが里見京子さんでしたっけ。
顔を出さないのが勿体なかった感じ。

そうですね。出品してくれればワタクシが買ったかも(笑)。
2014/04/29(火) 03:14:04 | URL | ごいんきょ
時代の分水嶺
「チロリン村」の終了は、オリンピックを7か月後に控えた1964年3月。「もう戦後ではない」白書の年に始まり、「黄金の」昭和30年代の終焉とともに幕を下ろしたわけで、色々な意味で時代の大きな分水嶺でした。街々には東京のみならず、オリンピック景気で道路工事や高速道路、ビル建設の槌音が響き、何よりも「チロリン村」が象徴、理想化していた伝統的な「古き良き(悪き?)農村社会が終わろうとしていました。あの最終回の「さよなら」の連呼は、今思えばもう再び帰らない時代への弔鐘でした。

あれからもう半世紀。最終回のエンドタイトルに名を連ねたキャストのうち、少なく見積もっても三分の二はもういないでしょう。クルミのガンコ親父の決めゼリフ「いいぞいいぞ、ピューピュー」も、もうどれだけの人が記憶していることか。あれ、ウチの幼稚園でちょっとした流行語になったんですが(笑)。

日本人はこれから半世紀、いったいどこへ行こうとしているのでしょうかね。
2015/08/05(水) 09:51:07 | URL | (ハンドル未記入)
いいぞいいぞ、ピューピューって、なんか新しいですね。
黒柳さん、里見さん、横山さんは皆さんご健在で。
2015/08/11(火) 07:09:58 | URL | ごいんきょ
チロリン村の声優
最初に、遅ればせで申し訳ありませんが、8か月前の名無しの権兵衛は私奴です。

最終回の出演者が、もう「三分の二はいないだろう」などと安易に書いてしまい、あれからちょっと気になって、ざっと調べてみたのですが、意外にも予想以上に多くの方が、お年を召してもまだご健在であることが分かりました。不明を恥じ、お詫びを兼ねて一部ご報告させて頂きます。

まず、主役のお三方が揃って今なおご活躍中なのはもちろんですが、キャスト32人中、2015年末現在で、健在15名、物故13名、不明4名で、判明した中ではまだ半数以上の方がご存命でした。最高齢ではトウモロコシのペロリン村長の須永宏さん90歳、次いでイタチのプー助・一龍斎貞鳳さん89歳、カボチャ親父の梅津栄さん87歳、タマネギ親父の川久保潔さん86歳、モグラのモグモグの辻村真人さん、二代目スカンクガスパ(初代は脱線トリオの八波むと志。放送終了3か月前に交通事故死)八木光生さん85歳といったところ。クルミのガンコ親父の黒江悠久さんは、残念ながら2008年に81歳で亡くなっています。女性陣では、タマネギトンペイ二代目の島田多恵子さんも78歳でご健在で、この人は民放で「ニッスイのハンバーグ」のコマーシャルに出ていたほか、高橋圭三アナが民放に移って最初のバラエティ番組のアシスタントをやっていたので、面影ははっきり記憶しています。

「劇団やまいも」は当時移動中継車で
東京中あちこちを巡回していて、自宅の近くにも来ましたので、多分実際に人形を動かすところを見物したはずと思うのですが、何せ3~4歳くらいでしたので、残念ながらはっきり記憶していません。番組ではずっと後期、蕾のリップちゃん(曾我町子、2006年死去)誕生のシーンはよく覚えていますが。

揃って放送史の生き証人である出演者の方々の、ますますのご長寿を願ってやみません。
2016/04/19(火) 13:45:01 | URL | 権兵衛
「いいぞいいぞ、ピューピュー」って、今ならまったくなんでもないのですが、
そういう言葉遣いというか、かなりやり玉に挙げられたんですよね、この当時、この番組。

随分と細かく調べたのですね(笑)。
さすが日本は高齢大国って感じかな。
皆さん、一つでも多く語り残して欲しいと、そればかり念願する日々です。

おぉ! なんと、やまいもの巡業を生でご覧とは!
色々と貴重なお話満載でした。
2016/04/29(金) 12:45:53 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ