私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



おれの番だ! (1964)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、芸能プロの曙・渡辺プロの全盛期を振り返る、この番組です。





♪ お前の番だと声かけられて ドヒャーとする奴ぁ女の子
  どうせ男と生まれたからにゃ 待ッテマシタと出掛けよう
  「ハッハッハ バンザーイ!」
  ここは一番まかせとけ 腕と度胸の見せ所
  「おれの番だ」


昭和39年、藤田まことが渡辺プロダクションに参入。
時間帯は違えど日曜夕の好敵手だったクレージーキャッツと藤田と、
双方を預かり、日本の娯楽を総取りした感も有った進撃の巨人・渡辺プロ。
その高揚感は当時の様々な番組で迸っておりますが、
その威容を誇示する意味も有ったのが、この番組でしょう。
クレージーの中から特に人気の有る、植木等、ハナ肇、谷啓の三人と、
藤田まことが同じ番組を、それもドラマをやるという目玉企画。
主題歌は4人が1番から4番まで順番に担当し、間に各自の一言が入る形。
藤田は当然、関西弁で喋っておりました。

ドラマの方は、一人が一つの話の主役をほぼ二ヶ月担当する形。
他の三人も日程が合えばゲスト参加するという、
この頃いくつか有った、渡辺プロの物量作戦番組の一つでした。
こうした、内容よりも物量という番組制作姿勢には反感も多く、
今のジャニーズ事務所と被る構図ですが、
そのジャニーズ事務所の大元タレントのジャニーズもナベプロ関係だったのですから、
当時のナベプロがどれだけの影響力を持っていたか。

長くTBS月曜21時台を支えた『月曜日の男』の後番組で、同じくロート製薬の一社提供。
植木は後に、パンシロンの宣伝を担当する事になりますね。
第一弾の「気まぐれ野郎」は、星新一が初めて書いたという長編「気まぐれ指数」からで、
気まぐれで突飛な行動を取る、無責任系統の色濃い作り。
ハナ肇も大事な役で出演しました。

昭和40年7月から始まった「一匹野だいこ」では、谷啓が太鼓持ちの役。
名人と謳われた桜川忠七をモデルにしたもので、
放送開始の19日は、その桜川の命日だったのでした。
谷啓を指導したのは、富本半平、松廼家喜久平の両幇間。
吉原は松葉屋まで出向いて指導を受けたのでした。

昭和42年1月開始の「その一言が多かった」は、植木等主演。
中村メイコ作詞・神津善行作曲の「チョッと一言多すぎる」を題材にして、
中村暢子が脚本を書いたもの。
一言多いために出世できないが、みんなに愛される人物を植木が演じ、
相手役を作詞の中村メイコが演じたという趣向でした。

この後、クレージーの面々は、終生ナベプロ一筋で貫きましたが、
元々が外様のような藤田は、昭和52年を最後にナベプロから離脱。
必殺で食いっぱぐれない自信が出来たって事なんでしょうか。
とにかく当時の東西喜劇横綱を配しただけはあって、
三年近くも放送された人気番組でした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ