私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



二人でお茶を (1954)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、ミュージカル・コメディーという番種を振り返る、この番組です。





Web上に於いて、あまりにも扱われなさ過ぎる昭和三十年代の番組の状態に、
一石を投じようという只今の企画ですが、まったく見ていた人間の当時談は無く、
ひたすらに執筆者の喜びと楽しみだけで続けておりますが(笑)、
故きを温ねるというのは本当に改めて知る事が多く、
いっそ『昭和三十年代テレビ大全集』に改題してしまおうかというくらい、
このままずっとこの企画を続けていきたいくらいでして(笑)。
今回は、本当に神話期と言える昭和29年開始の番組を扱ってみたいと思います。

この番組は、日テレ初のミュージカル・コメディーとして注目を浴びました。
金曜の昼12時15分からの30分番組で、当初は13回予定。提供は明治製菓。
当初の制作費は5万円で、主演の二人は五千円ずつの報酬でした。
題名は、ドリス・デイの映画・主題歌からですね。
この歌は今、『サワコの朝』OPで使われてます。
当初は中村メイコのツウ子と、フランキー堺のヤン平を中心に描く明るい青春もの。
中村メイコは電波の申し子とも言うべき存在で、放送界の生きる化石ですね。
NHKのテレビ実験ドラマに出演し、ラジオ時代から八面六臂の活躍。
才気と機知に富み、台本の覚えが早く瞬時の機転も利くという、
生放送しか無かった初期電波業界には打って付けの存在だったのでした。

そんな中村メイコにして、全てに才気溢るる青年と感じさせた、当時のフランキー堺。
シックス・レモンズのドラマーとして名を売り、自らシティ・スリッカーズを結成する、
その少し前に始めた番組がこれだったようです。
日本テレビの樋口譲と慶応の同級生だったよしみでの出演でした。
音楽担当は、神津善行。
では、メイコとの出逢い番組かと言うと、既にこの時には「友人」として報じられており、
結婚を前提にしていたかはともかく、付き合いは有ったようですね。
13回予定のこの番組が終わったらアメリカに作曲勉強に行く予定だったようですが、
結果的にこの番組は延長されており、音楽担当はどうなったのかは、現在不明です。

脚本は当初、藤善平としのざき凡の交代で、しのざき凡は漫画家でもありました。
第一回は藤善平作の「明日はボクの入社試験」。
ツウ子とヤン平は幼馴染みの仲良しで、青春ものではあっても恋愛ものではなく、
あくまでも明るいミュージカルコメディー。
この二人に絡む人物として、初期は桜京美と沢村い紀雄の二人がいたのですが、
こちらの役柄は毎回替わり、或る時は隣の夫婦、或る時はモク拾いと掃除婦など。
ミュージカルと言いながら、パントマイムの要素も多用したようで、
これは、当時まだ主たる視聴者が、街頭テレビで見ていた事によります。

フランキーは既にジャズ界でひとかどの存在でしたから、予定通り13回で降板。
メイコの方は延長後も残り、千葉信男を相手に36回まで出演しました。
何故メイコは36回で降板となったか。
これは、この番組で才気煥発な所を縦横無尽に見せつけたメイコに目を付けたNHKが、
彼女の出演する仕事を増やしていったから。
NHKと言っても、ラジオの方です。当時はまだまだ、ラジオの方が強かった。
日テレの担当者も、NHKにやられたというよりも、
ラジオに持って行かれたなら仕方無いと感じた、そんな時代でした。

メイコに替わって参入したのが、まだ新人と言えた頃の宮城まり子。
彼女も実は、テレビが育てたタレントでした。
この人気番組『二人でお茶を』に始まり、場所をKR(TBS)に移した
ナショナル劇場『てんてん娘』『まりっぺ先生』で不動の人気タレントに。
この番組に彼女を呼んだのが緒方勉で、彼はNHK時代に『日曜娯楽版』を担当しており、
その時に一二度出演した彼女に注目していたのでした。
メイコとフランキーの頃は都会的な作りだったこの番組も、
千葉信男と宮城まり子となってからは、下町の庶民っぽい作りに。

初めてテレビに出た頃はお金も無くて必死だったという宮城。
歌謡曲は勿論、浪花節から義太夫まで幅広くこなす宮城の多芸ぶりは際立ち、
日劇時代からの付き合いである菊田一夫によって、東宝ミュージカルへの抜擢となりました。
お金が無いと言えば、この番組で初めて世に出た逗子とんぼ。
遅刻した言い訳が、お金が無いので時計が無く、時間がわからないというもので(笑)、
不憫に思った明治製菓から、目覚まし時計を贈られたといいます。
また、パンサこと藤村有弘が初めて世に出たのも、この番組からでした。

昭和30年3月4日は、一周年記念番組で15分延長して13時までの放送。
この時には日本テレビ内のドラマ・コメディーで最高の視聴率でした。
この頃、脚本はしのざき凡と能見正比古の担当になっております。
この頃のこの番組は豊かな諧謔と当時としては高度なテレビ技術を駆使しており、
嘘発見器、時限爆弾、催眠術、笑い薬など、様々な爆笑事件を扱いました。
例えば嘘発見器は、第35回「恋には二枚の舌がいる」に出てきたもので、
ラジオをかけると「自衛隊は軍隊ではありまシェん」と議会中継が聞こえてくる、
すかさずウソ発見器のブザーがブーブーと鳴る。
ダイヤルを廻すと「可愛いいお子様には味と栄養の明治のお菓子をどうぞ」、
ブザーが鳴らない。といった使われ方でした(笑)。
http://sucra.saitama-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php/BKSF020010.pdf?file_id=23837
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ