私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

〇戦はやと (1964)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、戦争テレビ漫画が存在し得た時代を振り返る、この番組です。





チロリン村とくるみの木 (1956)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、帯放送人形劇の原点を振り返る、この番組です。





少年忍者 風のフジ丸 (1964)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、数少ない昭和30年代のテレビまんがから、この番組です。




キックの鬼 (1970)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版』&『ライト版』発売を記念し、
TBS金曜夜の番組、及び、子供向バラエティ・教育番組を織り交ぜて特集しております。
今回は、ボクシング、プロレスに続く第三の格闘技を描いた、この番組です。


じゃりン子チエ (1981)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版』&『ライト版』発売を記念し、
TBS金曜夜の番組、及び、子供向バラエティ・教育番組を織り交ぜて特集しております。
今回は、ローカルアニメの雄… いや、雌… とにかく、この番組です。


星の子チョビン (1974)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版』&『ライト版』発売を記念し、
TBS金曜夜の番組、及び、子供向バラエティ・教育番組を織り交ぜて特集しております。
今回は、石森章太郎原作アニメである、この番組です。


アッポ・しましま・グー (1969)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版』&『ライト版』発売を記念し、
TBS金曜夜の番組、及び、子供向バラエティ・教育番組を織り交ぜて特集しております。
今回は、テレビ朝日がまだNET、日本教育テレビと名乗っていた頃の、この番組です。


エイトマン (1963)

該当番組画像募集

只今、腐敗臭漂う地上波テレビなんぞ見ている暇が有ったら、
お金を出してでも絶対に見ておく価値ありとワタクシがお勧めする、
過去のテレビ作品を紹介中です。
今回は、60年代アニメの中から、SFファンなら絶対に抑えておくべきこれです。



巨人の星 (1968)

ある程度このブログとお付き合い戴いている方々にはお馴染みですが、
当ブログは不定期に断り無く中期休暇を戴く事がございます。
コメントを頂いていながらお返事を出来ぬという不義理もものかは、
このような形態に甘んじるにつきましては、
これこそが当ブログを続けていける秘訣なのだとご理解賜りまして、
真にありがとうございます。
このトイレは皆様のご協力で清潔に保たれています式表現で(笑)。

人生とは旅。
それも、どこにいるやも知れぬ強大なる最終の敵を打ち倒すべく、
あてもなく方策も無く、非力な己の修行を兼ねながら歩み続けていく、
ロールプレイな旅と申せましょう。
武器の代わりは誠であったり、愛であったり、ズバリ金であったりもしますし、
一人では不安でパーティーを組んで複数で挑む場合もございましょう。
しかして人生における敵とはなんぞや。
或る人にとって、それは他者に見出せるものでございましょう。
他者とは家族であるところの他人であったりも、人によってはするかもしれません。

が、究極、
他者であるところの敵などは、決してラスボス、
最終最後、最大にして最強の敵ではないのでございます。
勿論、それらの中にも桁外れの強敵は非常に多く、
ラスボスに辿り着くまでもなく、それらに打ち負かされる勇者も多い事でしょう。
反対に、ラスボスと出会う事も無く、表面的には安穏としたままに、
最終目的地に到着してしまう人々も、或いは中にはございましょう。
けれども、ラスボスと闘わざるを得なくなった勇者には、
とてつもなく難儀な戦闘が待ち受けております。

それは大袈裟でなく闘い。
いやさ、抗いと言う方がしっくりとくるものでしょうか。
このラスボスは最終にして最強の敵であるが故に、楽には勝てません。
添い遂げるかの如き相打ちでしか、この強敵を打ち倒す事はできません。
詰まるところ人生とは、この最大にして最強の敵を倒す為の旅であり、
お金を稼いだり、友を増やしたり、子を養ったりというのは、
そのための剣であり鎧であり魔術であったりするのでしょう。

余程の達人でなければ倒せぬこの強敵を見事に打ち負かし、
祝福の音楽が奏でられる中にエンディングを迎える事ができるかどうか。
そこに至るまでは、幾多の難行苦行。
万丈の山、千尋の谷、有象無象や怪物どもを倒しまくらねばなりません。
時折姿を見せるラスボスの恐ろしさに怯えつつ、それでも勇気を振り絞り、
いつ終わるとも知れぬ旅を最後まで挫けず続ける事ができた者のみにしか、
そのエンディングを見る事ができないのでございます。

このブログを始めた当初は、一千番組なぞ五年とかかるまいと高を括っておりました。
正に人生にも似て、若い頃は勢いだけで突っ走り、
楽しい楽しい面白いだけで済んでいたものが、
中年に差し掛かってくると、訳も無く、いや、本当は有るのですが、
そうした感情ばかりではなくなって参ります。
それでもなんとか歩み続け、当座の目標である一千番組を通過させようと思っておりますし、
存在させ続ける為に、こうした、いいかげん魔な運営で開き直らせて戴いております。
なにやらワケわからん話になってしまいましたが、簡単に言うと
「今までと何も変わりありません」(笑)。


ひょっこり ひょうたん島 (1964)

該当番組画像募集


井上ひさしさんの訃報が流れた時に、ガッツさんに看破されてしまったのですが、
実際、この番組の記事を今こそ書かずにどうする、とは思ったんですね。
ただ、今回少し確認し直してみて思ったのは、
意識しないうちに、随分とこの人の作品にお世話になっていたんだなあと。
実写忍者ハットリくんをはじめ、特にピュンピュン丸とムーミンは、
ギャグアニメとメルヘンアニメに於ける我が人生ベスト作品と総括できます。
わけてもムーミンは別格の作品となっておりますが、
そこで組んでいた山元護久と作曲の宇野誠一郎らとの繋がりは、
この作品こそが原点となるわけです。


あしたのジョー (1970)

該当番組画像募集

昨日が藤岡重慶さんのお誕生日だったというどてらい男でのコメントに、少々感激しました。
我々はついつい、命日を重視して考えてしまい、それも第二の誕生日と考えれば
それはそれで悪くもないんでしょうが、普通は亡くなった日と考えて想いを馳せるので、
そこにはどうしても感傷が入ってしまい易くなってしまうんですよね。
そういう意味では目から鱗のコメントを賜りました。
そこで、藤岡さんと言えばなんと言ってもこのアニメを外せないという、これです。


チャージマン研! (1973)

該当番組画像募集

ザ・テレビ欄という本を、当ブログ上部のアマゾンリンクで紹介しています。
これは編集の方からわざわざ紹介依頼のメールを戴いたからなのですが、
当ブログの趣旨として商品広告記事もおかしいという事で、
アマゾンリンクならと納得してもらったためです。
当ブログなんてさほどアクセス数も無いし、影響力も微々たるものですが、
それでも数人の方がこちらから購入して下さったようで、
なんだかこちらまでありがたい思いです(笑)。
なお、紹介料は今のところ、会員制の方のサーバー代の一部に充てております。

勿論、ワタクシ自身も購入しました。
その後、ワタクシにはどうでもいい平成版と(笑)、
ワタクシの渇望していた草創期版と次々続刊され、すべて購入済みです。
献本のお話までして戴いたのですが、とても先様の採算に合うはずがないので
それは丁重にお断りしておいて、本当に良かったと思います(笑)。
まあ一日のアクセス数が万単位になればそういう話も有り得るでしょうけど、
今の時点では当ブログにはさほどの影響力は有りません。

ただ、一定の層に一定の知名度を上げる効果はゼロでもないでしょうから、
昭和のテレビに関する品をこんな所でも紹介して欲しい方は、お気軽にご相談下さい。
きちんとしたものであれば同人誌などの非商業ものでも紹介しますし、
価格が折り合えばワタクシもきっと購入すると思います。
日計アクセス万未満のうちは、広告料なんぞ戴く気も有りません。

レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。